自分の価値を実感できるカンタンな方法

使えない新人にイライラする

湯川です。

先日ある方とのセッションで、とても示唆に富んだことを仰っていたので、一部シェアしたいと思います。

 

その方、Aさんとしますね。

先日Aさんの部署に新人が入社してきたそうです。

その教育係となったAさん。

 

その新人が何度同じことを言っても、ミスばかりするんですね。

Aさんはその新人教育に時間がかかり、自分の仕事が滞りがちになり残業が続くようになってきました。

 

心の中で

「何で私ばかり!」

「なんて使えないヤツ!」という憤りを感じつつも、自分しかやれる人は居ないからと諦めつつやっていたそうです。

でも連日続く残業にホトホト疲れてしまったAさん。

 

あなたなら、この状況をどう読み解きますか?

 

自分の価値を確認したいために手っ取り早い方法!?

ヒントはAさんの言葉にあります。

わかりますか?

 

ココです!

「憤りを感じつつも、自分しかやれる人は居ないからと」

 

つまり自分が居ないとダメ。

自分の価値を確認したい、というのがAさんの隠れたメリットになっている訳です。

 

つまり相手がデキない人であれば、自分の価値を感じることができるわけです。

 

もちろん頭では残業続くし、デキない新人で時間はとられるしでイヤなんですよ。

でもそれが現実としてあるならば、そこに必ずメリットがあるんですね。

 

しかも「価値を確認しないといけないくらい、自己価値が低い」ということなんですね。

自己価値が適正な人であれば、いちいちそんなことを確認する必要ってないのですよ!

 

確認するために一番手っ取り早いのが、周りがデキない人で、自分は残業してまで一人必死になる。

「周りを下げて、自分を上げる」ということね。

 

周りがデキない人であればあるほど、自分の優秀さを実感することができますからね。

そして周りと自分は違うんだ!と思うことが出来る訳です。

 

意図を変えない限り現実は変わらない

つまりこの状況は、Aさんが自分自身、特別感、有能感を感じたいという「意図」があったからこそ、引き起こしたこと。

この意図を変えない限り、状況は変わらないということなのです。

 

補足で言うとこの方、3人のお子さんを持つお母さんでもあります。

いつも子どもの世話ばかりに忙殺されていた、というのも納得ができます。

 

 

「周りを下げて自分を上げる」

そのためには周りはデキない人で、手がかかる人であればある程、自分の優秀さが際立ちます。

 

ということは周りがデキるようになると、自分の価値が感じられないのです。

だから無意識にデキない人ばかりを、自分に集めてしまうようになるんですね。

 

すると本来は優秀な人であっても、その人のエネルギーが強いと、段々ダメになっていくんですね〜。

夫や彼を無意識にダメにしている人は、こういうカラクリもあるってこと!

 

本当に自分の価値を感じたい場合は、相手を下げる方法ではなく

もっと王道を行けばいいんですよ!

 

あなたが能力を上げて、もっと仕事ができる人になる

人の世話ばかりにかまけるのではなく、全体がレベルアップする方向に視点を向ける。

 

そうすれば否が応でも自分の価値は、高まって行きますからね!!!

そっちにエネルギーをつかっていきましょう♪

 

 

湯川 央恵

 

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。