最近レスで…、というご相談に答えました

セックスレスのご相談

さて

「最近セックスレスで・・・」という相談を受けました。

妻側はやる気満々なのに、ご主人にその気がない…。

何度も断られているうちに、言うのもイヤになったと。

 

家で妻がジャージやスッピンでゴロゴロしていたり、不機嫌オーラでいつも文句ばかりなら妻への愛も冷めもするでしょうが、相談者さんは超べっぴんさん!

「何でこんなキレイでステキな奥様がいるのに?」と理解に苦しみます…。

 

原因はどこに?

でもね、そんな時はシンプルに考えてみることです。

 

「夫が抱きたくなる妻なのか!?」

直球すぎましたかね(苦笑)

 

実はこの方の場合、自分が結婚生活の中で幸せを感じられないことを、夫のせいにしていたんですね。

つまり自分の幸せを、夫一人に背負わせて、自分は悲劇のヒロインになっていたってこと!

もしセックスレスの方がおられたら、ちょっと自分の胸に手を当てて考えてみて下さい。

 

自分が今こんな状態なのは、夫のせいだとどこか思っていませんか?

「私は別に夫一人のせいになんてしていません!」

という方でも

「夫がもっと○○してくれたら」

という思いがある時は、根底に「私は悪くない」がシッカリあるってこと。

 

つまり、言葉では美しく美化していますが、自分の幸せを全面的に夫に押し付け、自分は悲劇のヒロインになっているってことなのです。

 

自分では「私は弱い存在」と思っているかもしれませんが、その姿は弱々しいというより、どちらかと言うと

「アタシを幸せにしなさいよっ!」

と攻撃しているのと同じくらいの破壊力があるんですよね。

 

たとえ言葉に出さずとも、です!

 

 

なぜ、相手に伝わるのか?

弱々しいと思っているのは本人だけで、相手にはその無言の攻撃はしっかり伝わっているわけです。

といいながら・・・・

いやー、実はかつての私がまさにそれでした(苦笑)

 

言葉にこそ出しはしませんでしたが、心の中で「あなたさえちゃんとしてくれていたら!」と夫のことをそりゃあもう心の中で責めまくっていましたよ。

 

それでいて「私は弱いの」なんてマジで思っていましたから…💦

 

夫のことをDVだモラハラだと言っていた私こそが、夫を心の中で攻撃しまくっている

DVモラハラモンスター妻だったわけです。

 

ホント被害者意識があると、世の中で起こることが真逆にみえてしまうんですね。

 

自分のことを被害者だと思っていたのが、実はバリバリの加害者で、

加害者だと思っていた夫こそが、愛の塊だったんだと分かった時の驚愕といったらもう〜!

 

子どもっぽいチャイルド満載の自分の時は、男の人の大きな愛が全く見えない、聞こえない。

自分が認識できる愛の大きさは極めて小さいゆえ、男の人の愛は大き過ぎて認識出来ないんですね〜。

 

自分の都合の良い愛され方だと分かるんだけど、そうじゃないとわからなかっただけなんですよ。

それが分かると本当に沢山の愛に気づけるようになるし、いたずらに不安になることも無いんですよ。

 

幼い頃の傷を癒す、というよりも、愛の勘違いを修正していったほうがいいですね。

するとこれまで自分が如何に周りに愛されていたのかに、ようやく気づくことができますからね。

 

自分の思う愛が偏っていると、周りに溢れんばかりの愛があることに、全く気づけないままですから。

 

 

 

湯川 央恵

 

ー 期間限定小冊子プレゼント ー

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師