自分のエネルギーを、自分の未来を創造する方に使えていますか?
それとも愚痴や不平不満などに使ってしまっていますか?
何かを成し遂げるためには「エネルギー管理」ってすごく大事。今日は湯川家の夫婦の会話から未来を創造するヒントをお届けします。

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー代表 湯川央恵です。

夫との会話からー最優先事項を優先する

先日夫と食事をしている時、何気なくこんな事を聞かれました。
「大成功する人と、そこそこで終わる人の違いって分かる?」と。

私は少し考えて
「諦めない力、かなあ」と。

夫は「それもあるけどね」と笑ってこう言いました。

最優先すべき事に、集中すること、なんだよ。

つまり最も優先すべき事に、自分の持てるエネルギーを投下し、それ以外は全部断るということ。

おぉー、なかなか極端な!と思いました?

自分の限りあるエネルギーを何に使っていますか?

大成功する人は、一番優先するもの以外は、見事に断り続けています。

つまりそれだけ「得たいものがハッキリ明確だ」ということ!

私達が持てるエネルギーは100だとしたら、その100を、いろんな人との付き合いや、過去の後悔、未来の不安、他人との比較や嫉妬、こんなことに使ってしまっているんですね〜!!

いや〜、勿体ないでしょ!
そんなところにエネルギーを投下している場合じゃないの!

本来注ぐべき所に注げていないとしたなら…。

そりゃ欲しい未来を手にするのは、おぼつかないですよね。

優先すべきことをわかっていますか?

ここで大事なのは「一番優先すべき事を分かっているか!」ってこと。

これが「自分が一番欲しいものは何か?」に答えられるか?ということですね。

ここが分かっていないと、自分の生き方がブレてしまいます。

ベストではないけど、ベター。
それを選ぶのも、その人の自由です。

ただ、それだと「そこそこの人生しか描けない」ってこと。

「最良」の敵は「良」

これは「7つの習慣」の著者スティーブン・コヴィー博士の言葉。

「良」は「悪」じゃないので、選びがちなんですよ。でも「最良」ではない。

「最良」こそが「最も重要なこと」として、自分の中で位置付ける必要があるわけですね。

「重要なこと(良)」を「最も 重要なこと(最良)」よりも優先してしまったことで

「いつの間にか歳だけ取って、何も残らなかった」なんてことになってしまうのは、余りにも勿体ない!

欲しい未来を得ると決断する

どんな人生も自分が全て選択できるのです。

いつも我慢ばかりしている人生を選んでるのも自分ですし、
変わろうと思いながら「変われない自分」を選択しているのも自分。

自分の欲しい未来を手にいれることに、全エネルギーを使っていくのです!

過去の黒歴史も、親の事も夫の事も、そんなことは関係ないのです!

絶対そうなる!と決めることなんですよ!

まとめ

私はこのお仕事が大好きで、寝ても醒めても、頼まれもしないのに、この仕事のことを考えています。

どうやったら人が幸せになるのか、
どうやったらステキなパートナーシップを築き、幸せを実感出来る人が増えて行くのか。

私は2009年に起業して以来、3000名以上の方の相談に乗ってきました。
だからこのジャンルについて、私はプロです。

私も自分自身がニガテな事は、お金を払ってプロにお願いしています。
一番集中したい所にエネルギーと時間を投入するためにね。

だからあなたも自分の幸せのために、
愛する人のために、
自分の大事な時間とエネルギーを、最も重要な所に投入して下さいね!!

湯川の今日の一言
あなたの一番手に入れたいものはなんですか?

湯川 央恵

この記事も参考になりますよ


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!