依存から自立、相互依存のそれぞれの特徴と言葉遣い「一人ひとり現在地が違えば目指すゴールも違う!」

「子ども時代の依存を責め過ぎていませんか?」感想

前回書いた「子ども時代の依存を責め過ぎてはいませんか?」に感想をいただきました。

まだ読んでおられない方はこちらからどうぞ

ご本人の許可を得て、掲載させて頂きます。

 

湯川先生、いつもメルマガをありがとうございます。

依存的な人の言葉の特徴は『主語が「あなた」になっていることが多い』と書かれていた所で、ビックリしてしまいました。

確かに私の使う言葉の主語は

「たーちゃん(夫の名前)が○○だから」

「たーちゃんが、こう言った」

「たーちゃんが、また○○した」

夫を主語にするのが多いのは何となく分かっていましたが、だってそれは夫のせいだからと思っていました。

実は先日友人から

「あなたの頭にはたーちゃんしかないの?それってすごい依存状態じゃないの?」と言われたばかりだったのです。

その時は「この人は何も分かってない」と上から目線でバカにしておりましたが、

今から思えば私の依存状態が、友人に手に取るようにバレていたのかもしれないと思うと、顔から火が出そうなくらい恥ずかしくなって来ました。

これからは自分の言葉使いを意識して変えていこうと思います。

 

YNさん、メルマガへの掲載許可をありがとうございました。

無自覚が一番たちが悪い

これ、何度も言ってる言葉です。無自覚だと変えようが無いですからね。だから気づけて良かった!お友達にも感謝ですよねー。

依存と自立の心理学

自分が依存レベルにある時、欲しい結果を得るには「相手」次第。相手がやってくれたり、動いてくれなければ、自分の欲しい状態が手に入らないということ。

自立レベルにあると、自分の欲しい結果は自分の力で得る事が出来ますからね!

「じゃあ、いち早く自立すればいいってこと?」というと、実はそうこっちゃない!それは「人によって変わってくる」ということなのです。

男性顔負けのゴリゴリの自立女子に対して、更に自立に向かわせるのではなく、今度は逆に仲間を信じることや、部下に任せるといった「相互依存」を学ぶ必要があるんですね。

「7つの習慣」自立状態よりさらに精神的成熟度がアップしたもの

「依存」じゃないですよ「相互依存」
言葉は似ていますが、中身は全く違うものです。

依存 ▶︎ 自立 ▶ ︎相互依存

この順番なのです。

(この「相互依存」については書籍「7つの習慣」に詳しく書かれてあるので、是非ご一読下さい)

 

「相互依存」の状態とは「自立状態」よりさらにレベルが高いものになっています。

何のレベルかというと「精神的成熟度」ですね。

自分だけでも力を発揮できるのは当然なんだけど、他者と力を合わせることで、自分一人で出す結果よりも、より大きなものを出すことが出来る。

個人プレーではなく、他者の強みを引き出し、組織やチーム全体の力を引き上げていく、それらが「相互依存」のレベルなんですね。

他人の才能に嫉妬して、足の引っ張り合いをしている間は、まだまだ。
相互依存とは、嫉妬心を遥かに超えたものなのです。

相互依存の特徴、言葉づかい

昨日お伝えした言葉遣い。「相互依存」だとどうなるか?
今度は主語が「私たち」になるんですねー。

「私たちの目指すゴールは」

「私たちは何を乗り越えればいい?」

「私たち共通の課題は」

こういう言葉遣いになるわけです!

 

依存レベルは「あなた」

自立レベルは「私」

相互依存レベルになると「私たち」なんですね!!

「私たち」に変わるものとしては、「このチームにとって」とか「我々の組織は」とか。もっと小さい単位で言うと「私たち夫婦にとって」とかね、そういうものに変わります。

 

成長のプロセスー相互依存に向かう順序「7つの習慣」

でもこの相互依存は、依存状態からいきなりはムリなのです。必ず自立状態を経ないと、ここに至ることが出来ないんですね。

なぜか?

それは内面的成熟度が伴わないから。

書籍「7つの習慣」にはこのように記載されています。

相互依存は自立よりはるかに成熟した状態であり、高度な概念である。他者と協力すれば、自分一人で出す最高の結果をはるかに上回る結果を出せることを知っている。自分の内面で自分の価値を強く感じられると同時に、他者を愛し、与え、他者からの愛を受け止める必要性を認識している。

相互依存は、自立した人間になって初めて選択できる段階である。依存状態からいきなり相互依存の段階に達しようとしてもムリである。相互依存できる人格が出来ていないからだ。自己を充分に確立していないのだ。

まずは自立状態を目指す。そして内面的に成熟・成長したのち、「相互依存」のレベルに向かうということ。

なので「依存 ▶ ︎自立 ▶ ︎相互依存」の順番が大事なんですね!

引き続き、書籍「7つの習慣」からの言葉をご紹介しましょう。

 

依存という問題は個人の成熟の問題であって、状況とはほとんど関係がない。たとえ状況がよくなっても、未熟さと依存心は残るものである。

本当に自立すれば、実は周りの状況がどうであれ、自分から働きかけることが出来る訳ですね。

周りの人や状況が変わってくれないと、自分が変われない、なんて思っている間は「依存状態」であるってこと。ホント不自由極まりない!

セラピスト・カウンセラーとして大事な視点

また、セラピストやカウンセラーとしては、目の前のクライアントがどこのレベルに位置しているのか?それを見極めることが大事ですね。

それができないと、無闇に自立へと向かわせるだけのセッションとなり、クライアントの現状に則していない。

つまり「成果が出ないセッション」となってしまいます。

現在地が違えば、目指すゴールも違う。
だからこそ、一人ひとりに応じたアドバイスが必要になってくるのだと思うのです。

湯川 央恵

 

ー 期間限定小冊子プレゼント ー

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師