「運と徳」を上げる湯川的方法

湯川です。

令和になりました!

なんだかお正月を迎えたような、晴れやかな気分ですね!

新元号スタートの本日は「運と徳」についてお伝えしようと思います。

徳の無い人の幸運は一瞬で終わる

運が良い人になりたい、とは誰もが思うこと。

パワースポットに行ったりお参りしたり、と言うのも良いのでしょうが、そもそも徳の無い人には、どんな幸運が訪れたとしても、一瞬で過ぎ去ってしまうようです。

宝くじで高額当選しても「徳」がない人は、一瞬で使い切ってしまい、以前よりも貧困に苦しむ、というのはよくある話。

そうだとしたら「運」を良くしようと思えば、まずは「徳」を身につけることからだと私は思うんですよね。

では、どうすれば徳を身につけることが出来るのでしょうか?

徳とは「自分一人でいる時の姿」に現れるもの

雑誌「致知」4月号にこんな言葉が載っていました。

まずやるべきことをやる、

それによってどんな報酬があるのかを考えるのは後回しにする。

それが徳を高めることになる。
(中略)

それは与えられた環境の中で運命を呪わず、不平不満を言わず、最高最善の努力をすること。

仕事のジャンルを超えて一流と言われる人達は、この一点で共通していた。

運と徳を高める根幹をここに見る。

いやもう、喝破した!という感じですよね。

私はこれを読んだ時「徳」があるか無いかは、つまり、こういうことじゃないかと思ったのです。

「一人の時の自分の姿が、モニタリングされていても大丈夫かどうか?」

これに胸を張って「大丈夫!」と言える人は、恐らく「徳」が身についている人、なんだと思うのです。

人前ではニコニコしていたり、感謝の言葉を言っていても、ひとたび誰もいなくなった時には、文句や不平不満ばかり言っていたり、努力もせずに成果だけ欲がっていたり、平気で道にゴミを捨てたり、スーパーで一旦カゴに入れて買うつもりが気が変わって元に戻さず、その辺に置いたり。

こんな風に誰も見ていない時の自分の振る舞いこそ「徳」があるか無いかが、見えるのではないかと。

義務でやらなくてもいいことがどれだけできるか?

イエローハットの創業者である、鍵山秀三郎さんが著書の中で、こんな言葉を仰っておられました。

人間は義務でやらなくてもいいことが、どれだけできるかということが、人格に比例していると思います

人格=徳 なんだと思います。

言われなければやらない、言われてもやらない。

そうではなくて、言われなくても、誰も見ていなくてもやる。

道ばたに落ちているゴミを拾う、駅員さんに「おはようございます」と挨拶をする、自分だけの知識とするのではなく、全体が向上するならば、みんなに情報をシェアする。

 

自分だけの幸・不幸にあくせくしていると、周りに目がいきません。

まさに義務以外のことには全く目がいかず近視眼的になり、メタ認知が出来ない状態。

でも自分だけじゃなく、全体が良くなることに意識を使う事が、人格や徳を高めることに繋がり、自分も周りも幸せになることなんだなあと思いました。

令和の初日に自分自身への戒めとして、シェアさせて頂きたいと思います。

皆さん、新しい時代の令和もどうぞよろしくお願い致します。

さあ、今日は令和一発目の個別相談会後、怒濤の個人セッションが続きます。

今日もしっかり仕事しますよーー!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずはじめの一歩を踏み出したい場合はこちらが参考になります。

★オンライン講座初級編★

オンラインなのであなたのお好きな時間に、いつでも学べるのが特徴。
何からどうやっていけばいいのか分からない方の「はじめの一歩」です。

http://www.reservestock.jp/subscribe/MjQ2YzQ0YzM3N

相談したいという方はこちらからどうぞ
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/3521

 

o0288010213828035335

IDは@znm5618oです。ブログには載せてないプライベートな投稿もしています

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。