辛い過去の記憶を何度も何度も思い出しては悲しい気持ちになってしまう。
そんなことはわかっているのに、たびたび思い出しては悲しみにくれてしまう。あるいは「過去のことだから」と諦めてはいないでしょうか?
今日はEさんの事例でお伝えしますね。

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー代表 湯川央恵です。

親との関係性

湯川はセッションで、親との関係性をかなり詳細にみています。
自分が「親に対してどんな思いを持っていたか」
「どんな期待を持ち」
「その期待がどうなったのか?」
「その結果、どう感じ、何を決めたのか」
これらについて、かなり詳しく見ていきます。

その理由は
親に持った思い込みこそが、今のパートナーシップをはじめ、人間関係全般に大いに影響しているから。

親とのことを見ていくと、中には「私は親から愛された覚えがほとんどない」という方もおられます。
あるいは親を恨む、までは行かなくても「下の妹や弟、兄や姉と比べると可愛がられなかった」「親が怖すぎて、素直に感謝出来るない」という方は結構多いかもしれませんね。

過去を振り返ったとき、心温まる幸せな思い出ばかりではない、というのも分からないでもないのです。

ただね、
記憶というものは自分の都合の良いように、いくらでも創り変えることが出来る。

そのことをまずは知って頂きたいと思います。

だとしたら、、、、
ネガティブな思い出だと思い込んでいることが、実はそうじゃないってことだって大いにあるのです。
先日のメンバー限定のワンデーセミナーに参加されたEさんが、こんなエピソードを話してくれました。

Eさんの例ー可哀想な自分

Eさんのお父さんとお母さんは、ある工作機械の工場を経営されていました。

幼かったEさんが夜中にふと目を覚ますと、お父さんもお母さんもいない。
弟がお母さんを探して泣いている。

お父さんとお母さんは自分たち子ども二人を寝かして工場に出かけたみたい。
泣く弟の手を引いて、両親のいる工場まで歩いて行ったEさん。
「夜道 手を引く」の画像検索結果

こんな幼い子ども二人が夜中に親に会いに歩いて行く。
なんてツラく、なんて理不尽な親。そしてなんて健気な自分たちなんだろう…。

そんなことが、子どもの頃に何度も何度もあったそうなのです。
その度に幼い弟の手を引いて、夜中に親を求めて会いに行ったと…。

 

そのことを最近になってお母さんにポロリと言うと、お母さんから驚きの発言が。

へ?何を言ってるの?
それがあったのは、たった1回で、それからお父さんと相談して、夜に機械を稼働させるのは止めたよ!

ナント!たった1回あっただけのことを「何度も何度も」と記憶していたEさん。

さらに、夜中だと思っていたのが、まだ19時で、おまけに家からは至近距離にあったそうで!!

「夜道 手を引く」の画像検索結果
でもEさんの脳内では、このような寂しいところを、親のせいでとぼとぼと弟の手を引いて歩いている可哀想なアタシというイメージだったんですねー。
参加者全員爆笑していましたが、いやもうホント、子どもの頃の記憶ってこんなものなのです。

記憶のあいまいさー脳内リピートで「毎日」に変換!?

では何故、たった1回の出来事がEさんの中では「しょっしゅうあったこと」になっていたのか?

それは脳内で何度も何度もリピートしていたからなんですね。

実際に起こったのではなく、何度も繰り返し思い出していたことで、勝手に「しょっちゅうあったこと」に記憶が書き換えられていたってことなのです。

これ、なにも珍しいことでもなく、よくある話なんですよ!

それくらい「記憶」って曖昧。自分の都合よく、持ちたい記憶を持っているってこと。

被害者であり続けることのメリット


そうやって「可哀想な私」になることで親を間接的に責めることができたんですね。

それ以外にも「親からの褒め言葉や関心」など色々と得る物があった
のです。

Eさんの場合「可哀想な私」「頑張ってるケナゲな私」「悲劇のヒロイン」というのが手放せなかったわけです。
可哀想であればあるほど、ケナゲであればあるほど、欲しい物が手に入るのですから。

でも今なら違う方法で欲しい物を得ればいいのに、今も尚同じ方法になってしまうから、しんどくなってしまうわけですね。

まとめ

とまあ、今日お伝えしたいことは「あなたの持っている記憶はあいまいだ」ということ!!
それも自分に都合良く書き換えていますからね。

なので「愛された記憶がない」という人は都合良く忘れているかもよーってこと。

そうやって親に対して持った思いが苦しい現実と関連しているなら、それは手放した方がいいですよね!!

 

この記事も参考になりますよ!


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!