転職、結婚、妊娠、出産・・・。
新しい経験をする時は、思い通りにいかずストレスを感じることも、多いかと思います。でも「ストレス=悪」と決めつけていると、新しいことにチャレンジなどできませんね。
今日の記事で、ストレスへの見方をほんの少し変えるキッカケになると嬉しいです。

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー代表 湯川央恵です。

ストレスは役に立つ!?

2016年に話題になった本で、スタンフォード大学のケリー・マクゴニガル博士の
『スタンフォードの自分を変える教室』
『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』があります。

かなり売れたので読まれた方も多いんじゃないかな。

この中で博士が仰っているのは「ストレスは体に悪い」というのは「思い込みだ」ということ。

それだけではありませんよ。
「ストレスは役に立つ」とまで喝破されていました!

これまでの常識とは真逆ですね。

ストレスホルモンの事実

著書には実際に、ある実験結果について書かれていました。

2つのグループにストレスを与えます。
一方のグループにはその後、「ストレスは体に悪い」ということを説明するビデオを見せ、
もう一方のグループには、「ストレスには良い効果がある」というビデオを見せたんですね。

するとその結果
「ストレスは体に悪い」というビデオを見たグループに比べて、「良い効果がある」のビデオを見たグループに、
DHEAというストレスホルモンが出ていました。

名前はストレスホルモンですが、実はこれ、脳や体の成長を促すホルモンなんです。

このDHEAは「成長指数」とも言われているそうで、これが高い人は、さまざまな虐待や過酷な経験からも
回復する傾向が強く見られるようなのです。

プラシーボ効果なんかじゃなく、リアルにホルモンまでが変わっていくって凄くないですか?

ストレスを感じる対象

 

ストレスってどんなことに感じると思います?

どうでもいいことに対して人はストレスを感じないもの

ストレスを感じるのは自分にとって大事な領域にチャレンジしているとき
なんですね。

ストレス反応として心臓がどきどきしたり、顔が赤くなるのは、それは心臓が体と脳に沢山の酸素を送ろうとして頑張ってくれている証拠。

緊張感が生まれ、アドレナリンが出て、集中力が高まり、良い結果を生むってこと!
だからこそ、ここ一番に力を発揮するには、このようなストレス反応って、とてもいい状態なんですね。

ストレスから逃げることなかれ

それを知っていると、ストレスから無用に逃げようとは思わなくなりそうですね。

でも私たちは「ストレスは悪だ」と思い込み、その状況から逃げようとしたり、何とかストレスを減らそうとしてきました。
人によってはストレスを与える人に対して攻撃するようなことも、あったかもしれませんね。

「ストレスがキツイ」「疲れた」
そうやって言うと、周りから「大丈夫?」「ムリしないでね」と心配してもらえたり、面倒な仕事でさえも、やらずに済むのですから、こんなメリットは無いのです。

これはまさに子ども頃のメンタリティそのままですね。

病気になると優しくしてもらえた。
その記憶が大人になってもこんな風に行動として出てくるわけです。

または全く逆に、病気になっても厳しくされた経験があった場合は、そんな親に、少なからず不満を持っているはずです。

だからこそ、大人になってからストレスだ、病気だ、ここが悪い、などと言って、他人の関心を引こうとしている可能性もあるかもしれません。

ストレスを排除する姿勢は体にあらわれる

実はストレスなどの緊張感を排除する心の傾向性は、体にもてきめんに現れてきます。

どうなるか?

緊張感を排除するのですから、ボディラインはゆるゆるになってしまいますね。
ゆるゆるの頬、ゆるゆるのお腹まわり、ゆるゆるのお尻・・・。

いや~、マズいでしょ!

きゅっと締まった足首、腰、小顔になりたいと思うならば、

ストレスを避けよう、減らそうとするメンタリティではなく、
ストレスをそのまま受け止めることなのです。

ストレスが悪いもの、という思い込みを取っ払い、良いものなのだと上書き保存しましょう。

具体的には、ストレスやちょっとでも辛そうなことを避けるのではなく、それにガッツリ取り組んでみること!

ストレスとの付き合い方

いつまででも逃げていてはいけません。

「そしたらストレスや問題が無くなるのか?」と言うと、そうじゃない。

ストレスや問題はどこまで行っても「あるもの」なのです。新しいことにチャレンジするたび、ストレスは感じますからね!
ゼロになる世界は、恐らくあの世の世界です(笑)

なので、どこまでもあるものであれば、それと付き合う方法を考えた方がいい。

ストレスを感じる問題や悩みや迷いがあったとしても、ゼロにしようとしたり、無くそうとするよりも
自分の人生に起こったことを、そのまま受け入れていくこと。

そしてどんな状況であったとしても、乗り越えていける自分の底力を信じて生きたいものです。

そういう湯川だって、しんどい時は「ストレスマックス~!」なんて叫んでおります。
なので湯川も皆さんと同じです。

叫びつつも、起きたことについてしっかり受け止め、自分の底力を信じていきたいと思ってます。

共にやっていきましょ(≧∇≦)

湯川央恵
この記事も参考になりますよ

無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!