自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー主宰 湯川央恵です。

​自立するとパートナーが不要?

湯川は普段
「自分で自分を幸せにできる力を身につけましょう」と言ってます。
誰かに何かを満たしてもらおうとするのではなく、自分が自分を満たすわけです。

​そう言うと、必ず言われる言葉があります。

一人でいても十分幸せで満たされているなら、パートナーが居る意味ってありますか?

あるいは

パートナーが必要と思えなくなるんじゃないですか?

​ほんと、この質問が多いー!
答えを先に言いますね。

これ、イエスでもあり、ノーでもあります。

​説明します。

​必要じゃなくなる理由

簡単に言うとあなたがパートナーをどう見ているか?
これで変わります。

パートナーを、自分の足りない部分や枯渇している部分を満たしてくれる人、と思っている方と、そうじゃない人と見ている人で答えが変わってくるんですね

前者の場合、自分のニーズが満たされたなら、確かにパートナーは要らないということになりますね。
つまりパートナーを便利な道具として見ている、ということになります。​

必要=満たしてくれること≠好き

例えば、
経済的にも精神的にも守ってもらえることや
優しい言葉や態度をしてくれることで大切にされている感覚や
自分には価値があると思える感覚​

これをパートナーから満たしてもらうこと自体は、決して悪いことではありません。

悪いことではないのですが、これを自分で与えようとしない所が問題なのです。
パートナーにどっぷり依存し、親代わりにしていることと同じなんですよ。

そして「満たしてくれること=好き」だと勘違いしているということ。

​なのでこういう方の場合、相手が満たしてくれないとなると、
「満たしてくれない相手が悪い!」と思い、満たしてくれるまで相手に要求します。
もしくは、満たしてくれる人に乗り換えます。
実際に乗り換えるかどうかは別にしても、いとも簡単になびくわけです。​

自立してもパートナーとうまくいく人

でも自分を大切にする思いや、自分を慈しむ気持ち、安心感を自分が自分で与えることが出来ると、自己肯定感や自己価値はとても安定します

そのような人だからこそ、パートナーとお互いの弱みを補い、強みや長所をさらに伸ばせるわけですね。
そしてそれぞれの目標に向かって、お互いに磨き合い成長し、前に進んで行けるチームになれるわけです。​

まとめ

だから最初の問いの、もう一つの答え。

パートナーを「自分のニーズを満たす道具」と見ていない人にとっては
パートナーがいる意味があるし、ましては不要になんかならないってことなんですよ。​

自立したもの同士だからこそ、
一層二人で幸せになれる、ってこと。

でも逆に相手のことを自分のニーズを満たす人、と思っていると、
相手からも同じように思われているでしょうから、なかなか厳しい状況でしょう。

一人で立てない人が、二人で立てるわけがないのです。

​どちらのパートナーシップでも自分が自由に選択ができます。
全てはあなた次第、なんですよ!

​まずは自分の幸せは自分が持つと決めるところからスタートですね

こちらの記事も参考になります。

都合のいい女?利用されてる?愛し愛される人と共にいるために大事な◯◯とは?

湯川央恵


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!