パートナーシップ心理学アカデミー
メルマガ月曜日担当 大城悦子です。

 

質問です。

想像してください。

 

「あなたは子どもと一緒に飛行機に乗っています。
緊急事態が起きて、天井から酸素マスクが下りてきました。

さて、あなたは自分と子ども、どちらからマスクをつけますか?」

そりゃ、先に小さな子どもでしょう!と思いませんでしたか?私は即答で「子ども!」って答えました。

しかし正解は「絶対に自分(大人)が先」なのだそうです。

それは、子どもに先につけようとしている間に、大人が意識を失ってしまって共倒れという状態を避けるためです。

これは全世界共通だそうで、機内で流れる動画でもそう伝えられています。

 

実は、私がこのことを聞いたのは、自分に子どもができるずっと前でした。

なので親が先につける理由を聞いても、正直モヤっとしたのを覚えています

 

そうです。

その頃の私は、親だったら、自分の身を挺しても先に私のことを助けろや!と思っていたんでしょうね。

親になった今はその意味は十分わかります。

 

ただこんな緊急事態でない場合

自分の身を挺して子どもを優先する親というのは、一見美しいですよね。

親、特に母親というのは、当たり前のように子どもを優先しがちです。

​自分より子どもの食事を先にとか、子供が寒がっていたら、自分の上着をかけてあげるとか、、、

​こんな風に一時的であったり、少しだけ後にまわすだけなら問題はありませんが、それが染みついてしまった余り、自分を優先することに罪悪感を感じてしまったり子どもを優先することが当たり前になっていると

結局は優先しているつもりの子どもまで、危険にさらしてしまうことになるんですよね。

 

もしかして自分の体調不良をほったらかしにして、子どもの歯医者に行ってしまったことはないでしょうか?

もしうっすらでも思い当たってしまうとしたら、あなたの中にも、かつての私のように「親なら自分より先に私を助けろや!」というチャイルド的思考が蔓延っているのかもしれません。

​でも本当は、自分の安全や健康をまず確保することが、子どもを守ることにつながると
わかっているのが大人なのだと思います。

 

まずは何より自分が自立することが大切ということが、とてもわかりやすいのではないでしょうか。

自分が自立し、自分を守れない人は誰のことも守れない。

自分で自分を守れてこそ大人なんですね。

 

ちなみに飛行機内の緊急事態で保安要員となるCAさんはもちろん、乗客よりも先に自分がマスクをつけることを優先します。

プロであり、大人であるからできる行動ですね。

かっこいい!

 

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

大城悦子


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!