気持ちの良い日曜日です。いかがお過ごしですか?

一般社団法人 人間関係心理学協会
パートナーシップ心理学アカデミー 代表 湯川央恵です。​

 

今日は朝から家庭菜園のお世話をしました。ミニトマトはもう終わり。ピーマンはもう少しいけそう。

元気なのがバジルと大葉。

こんな感じでモリモリ茂っております。

ビール以外の写真は苦手ですが、そこそこ撮れてますね笑

ツヤッツヤの葉でしょ!

大葉とバジルは、我が家の食卓を、いつも彩ってくれています。

実はこのバジルと大葉。
夏前に植えたものは、そんなに成長せずに結構早くに枯れちゃったんですよ。​

で、今モリモリ茂っているこの2つは、なんとタネがこぼれ落ちて育ったもの。

これが夏前に植えたものよりも、しっかり育っているんですよねー。あまり手をかけてない割に、イキイキとしているわけ。

 

バジルも大葉も、どちらもたくましい「強い」ハーブなんだそう。

その元々持っている強さを、甘やかすことでダメにし、少々過酷な環境の方は、しっかり育っている。

​だからといって過酷な環境一辺倒だと、これまた枯れちゃってダメになる。
甘えと、厳しさ、このバランスって大事ですね。

このバランスが「甘え」の方に偏ってるのがダメンズ育成しちゃう方だなーって思うわけ。(あ、子供に過保護な母親も同じね)

甘やかすことで、元々もっていたその人の強さを、見事に封じ込めてしまう。

でも不思議なことに、自分と別れて他の人と付き合うと、しゃんとして上手くやってる、なんてこともよくある話。

いやー、これキツイっすよねー(涙)

そもそもなぜ甘やかしてしまうのか?

なぜ過保護にしてしまうのか?

ここですね。

​駆り立てられるように、人の世話を焼いてしまうのは​

  • 人の役に立たないと自分には価値がないと思っているのかもしれないし
  • 自分自身が実は「世話を焼いてもらいたくて仕方ない人なのかもしれないし
  • 親から余り世話を焼いてもらえなかったという恨み心があるのかもしれないし
  • 世話を焼くことが愛だと勘違いしているかもしれない。

​人によるので、一概には言えませんが、このような思いがないかどうか、ですね。

​甘えに慣れた心では、厳しさは素直に受け取れません。

それが裏返しの不平不満となり、やがては自分の周りを世話が焼ける人ばかりにしてしまう、ということも多いです。

​ダメンズばかりが寄ってきてしまう方

子供を過保護にしてしまう方

なぜか人の世話ばかりしてしまう方は、こんなところを振り返ってみるといいですねー!

ちなみにバジルと大葉。

この2種類は花が咲いてタネができたら、そのタネは前のものより強くて丈夫に育つらしい。そのタネがまた花を咲かしてタネをつくると、さらに強いものになるんだって。

今見えている部分が弱っていたとしても、ちゃーんと強さが継承されている。

なんだか勇気が湧くと思いませんか?

今日は庭に生えるバジルと大葉からの学びを、みなさんにシェアさせてもらいました!

​さて、ランチは摘みたてバジルたっぷりのサラダをたべましょうかねー。素敵な日曜日の午後をお過ごしくださいね。

こんな記事も参考にしてくださいね!

それ、彼をヒモ男にしてますよ!

ではまた!

湯川央恵


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!