エアコンつけっぱで冷えたのか、最近お腹のゆるい
トイレとお友達@湯川です。(汗)

夫婦関係破綻ー解釈を変えることで体験そのものが変わる

さて、私たちは日常、様々なことを体験しています。

同じ体験であっても、それをどう「解釈」するのかは、本当に人それぞれ。解釈一つで気持ちが上がることもあるし、反対に凹むこともある。

だとするなら、解釈を探求することは、幸せになるための、一つの楽しい実験になると思うんですよねー!

​ということで今日は自分の「解釈」を検証しよう!!
というテーマでお伝えしていきます。​

正しい「事実と解釈」の分け方

解釈を検証するためには、まず
ネガティブな感情になった時の出来事を思い出します。

​検証方法は、その時に目にしたもの、体験したことを「事実と解釈」に分けること。これがポイントです。

事実と解釈を分ける練習問題

分かりやすく、まずは練習問題をやってみましょう。

以下の文章を読んでください。(上司を夫と替えて読んでみてもいいですね!)

出社したら玄関ホールで上司と会った。
「おはようございます」と言ったのに無視された。
私のことが鬱陶しいんだ。​

この文章を事実と解釈に分けてみましょう。
難しいなら、まずどこが解釈なのかを考えてみましょう。

解釈は

まずは最後の「私のことが鬱陶しいんだ」これ解釈ですよね。
鬱陶しいのかどうか、これは本人に聞かない限りわかりません。

なので解釈。これはすぐにわかると思います。

もう一つは「無視された」ですね。

本当に「無視したのか」あるいは「気づかなかったのか」「他のことで頭がいっぱいだったのか」分かりませんから。

解釈を事実に書き換える練習問題

では上記の文章を、事実に書き換えるとどうなりそうでしょう。

朝上司に玄関ホールで出会って挨拶した。
上司からは挨拶がなかった

​これが事実ですね。(先ほどのは「挨拶がない=無視した」と解釈しているってことです)

事実とは何か?感情が動かないもの

でもこれを読んだ時に、何か感情がモヤモヤしているなら、その言葉にあなたの「解釈」が紛れている可能性があります。

事実は五感で感じるもので、自分の感情が動きませんから。

再事実化のポイント

動く場合は、さらに、この時上司が何をしていたか?に着目します。

例えば上司は、スマホを見ていたのだとしたなら。

事実はこうなります。

朝上司に玄関ホールで出会って挨拶した。
上司はスマホを見ていた

​つまり事実を見るとは、そこに感情が入る隙がない、ということなんですね。

その出来事をいいも悪いも、なんの解釈も入れずに見てみる。

すると

朝上司に玄関ホールで出会って挨拶した。上司はスマホを見ていた。

事実はこれだけのことなのに、私たちは脊髄反射の如く勝手な解釈をつけてしまうんですよね。

その解釈に対して、また感情が湧き立ち、さらに「こう思っているに違いない!」などと、自作自演の妄想劇場が始まるわけです。

どれだけのエネルギーの無駄遣いをしているのかってこと。​

まとめ

ぜひみなさんも、直近で心がざわざわした出来事を思い出してください。

それに対して、事実と解釈に分けてみましょう。そしてそれを読み上げてみましょう。

どんな感じがしますか?
ニュートラルに読めますか?

​特にパートナーに対しては、かなり「解釈」の入る余地が大きくなりますからね!

読み上げてみてモヤモヤするなら、改めて事実にしてみましょう。

事実と感情を分けて整理する。

こうすることで、とっ散らかっていた、頭の中もスッキリしますからね。ぜひやってみてください。

​問題解決において一番大事なこと

そしていつも言ってますが、大事なことは、そもそもその解釈を作るに至った
自分の信念や思い込みを探し出すこと。​

ここが何よりも大切。

こちらの記事には解釈から、その奥にある「思い込み」や「信念」を導き出していくプロセスを説明しています。ぜひ参考にしてくださいね。

湯川央恵


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!