民法改正により、4月1日から成年年齢が20歳から18歳に引き下げとなりました。

それによって、高校3年生の中に「大人」が誕生することになります。

​・勝手に学校を退学して友達同士で起業したり
・クレジットカードを作ったり
・同級生同士でいきなり結婚
​なんてことも起こるかもしれませんねー。

​パートナーシップ心理学アカデミー 代表 湯川央恵です。

大人とは?大人の定義

18歳だから大人で、17歳だから子供?
そういう数字としての基準ではなく、本来「大人とは?」
ということを今日は考えてみたいと思います。

大人とはー成人式、結婚、出産

さて私自身、20歳になった時、何か大きく変わったかと言えば、全くでした。
成人式で着物着て、その後みんなでお酒飲んでどんちゃん騒ぎした、そんな程度。

では結婚した時や子供ができた時、ようやく大人になったのか?と言うと、、、
それも違うように思うのです。


大人とはー「結婚や夫婦の定義」を問う

私は夫と結婚してから、なかなかうまく行かず。
自分がこんな辛い思いをしているのは、全部夫の責任だと思っていました。​

夫たるもの、妻を誰よりも幸せにすべき。
妻のことを最優先に考えるべき。​

そうしてくれない夫はひどい!あり得ない!といちいち激昂する。

夫は妻を幸せにする義務があり、
妻は夫に幸せにしてもらう権利がある。

そんな風に思っていたんですよー。

なんで妻である自分だけ、一方的にもらう側だと思っていたんでしょうね?
まじでヤバイ奴です笑

​大人とはーお金の使い方

さらに、家賃、保険、税金、子供達の塾代などなど
大口の支払いのほとんどは、夫が支払ってくれていました。
私は食費や日用品くらい。

それでも私は「不満」だったのです。

「夫なら全て払うべきでしょ!」
そう思っていたんですねー。

まさに夫を親代わりにしている、ただの自立していない小娘ですよ(汗)

​そんな自分の振る舞いが、夫を傷つけているとも気づかないくらい、
圧倒的な子供だったのです。まさに「こどもおばさん」ですよ!

​大人とはー見えない部分に思いを馳せることができるか?

​夫がどんな思いをして家族を支え
社長として会社を支えて来ていたのか…。

あの頃の私は本当に分かっておらず
自分こそが圧倒的な被害者。悲劇のヒロインだと思っていたんですよね〜。

耳障りのいい言葉だけを聞いて、自分に都合の悪い言葉はスルーする。

これを「子供」と言わずして、ナント言いましょうか笑

大人と子供の違い


​このように視点が変わると、これまで見ていたものが、全く違って見えてきます。
このような経験をされている方は、プログラム受講生でもゴロゴロおられます。

​子供が持つ思い込みー誰かが最後はなんとかしてくれる

例えばNさん。
​夫との口喧嘩が絶えず「この結婚は失敗だった」とため息をつく毎日。
イライラする原因は、自分より学歴の低い、ケチで稼ぎの悪い夫のせいだと思っておられました。

こんな夫、さっさと離婚していいかも。
いざとなったら、きっと親がなんとかしてくれるだろうから。

そんなNさんは、子供のころから父親のことを、ずっと見下していたんですね。

しかし、湯川のプログラムを受けて驚愕の事実に気づくのです。

子供が持つ思い込みー守られることは当たり前

​以下Nさんの言葉です。

父は18歳から働き、ずっと家族を養い続けていました。
型にはまって社会のルールに則り、がんじがらめになって働く生き方が、窮屈でナンセンスだと見下していました。

何の苦労もなく、当たり前のように大学を卒業させてもらい、
さらに前職を辞めた時から再就職した後も、結婚するまで、なんと6年も実家に寄生し世話になっていた、という事実に気づきました。

18歳から働き、家族を養い続けてきた父親の覚悟には、足元にも及ばないこと。

身を粉にしてまで、文句も言わず家族のために働く。
そんな父親に私は守られ生きてこられたのだと。

守られていることが当たり前。
依存しながら見下し馬鹿にする

そんな自分の姿に気づいた時、ハンマーで頭を殴られたような気がしました。

私は父の生き方に対して、初めて頭が下がる思いを感じました。

自分ならそれができるか?を考えた時、
私は
父が背負ってきたものを全く理解していなかったことに、本当にようやく気づいたのです。

涙がとめどなく流れました。


​この気づきをきっかけにNさんは、夫との関係が徐々に変化していったんですね。

あれだけ喧嘩を繰り返していたのが、目に見えて少なくなり
今では夫に対し、自然に感謝ができ、お互い笑いのある関係になっていかれました。

​大人になるとは?

「オトナになるとはどういうことなのか?」
Nさんの事例が、とてもよくわかると思います。

子供は自分のことしか考えられず「損だ得だ」という見方しかできません。

何よりも、自分の人生に責任を取ろうとしない人は、
年齢としては大人であっても、中身は子供のまま、なのです。

​自分の人生の責任を人に負わせるな

結局のところ、事例のNさんも私も、自分が本当に大人になれた時は
20歳になった時でもなければ、結婚した時でも、子供を産んだ時でもありません。

自分の人生の責任を
人のせいにしてきたことに気づいた時。


自分の非を認め、詫び、
人生の選択を人任せにしなくなった時。


今の自分の現実は自分が選択した結果であると
人のせいにせず自分が受け止めることができた時。

ようやく「大人になった」と言えるのでしょう。

言葉を変えると、それが「自立」なんだと思うのです。

まとめ​

自分の幸せを、誰かの責任にしていませんか?

自分の思いを、キチンと言葉にしていますか?

悩んでも、迷っても、自分の人生は自分が決めて、誇らしく生きていくこと。

そんな生き方のできる、かっこいい大人の背中を
子供たちに見せていくのが、私たち大人の役割ですね。

成人年齢が18歳に引き下げられた今、私たちにとっても他人事ではありません。​

大人とは数の年齢にあらず。

自分が本当に精神的に、オトナに成熟しているのかを
今一度振り返る機会を持つのもいいですね。

​​

湯川央恵

Nさんの事例はこちらから

この記事も参考になります


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!