今日は「自分の非を認めたくない人は勝手な妄想に走る」というテーマでお伝えします。

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!パートナーシップ心理学アカデミー代表 湯川央恵です。

​​

​「浮気」を疑うことで何を見ても浮気の証拠

夫の浮気に悩むRさん。

明確な証拠があったわけじゃないけど、何を見ても「浮気の証拠」に紐づけてしまうことが悩みでした。

優しくされたら「浮気相手にはもっと優しくしているに違いない」と思い

厳しく言われたら言われたで「やっぱり浮気相手の方が好きだからだ」と。


こんな風になるとそりゃ苦しい!

​浮気のルーツー幼少期兄弟で母の愛を取り合う

セッションをした時に出てきたエピソードがこれ。

幼い頃、普段優しいお母さんから、ど叱られ 玄関先に放り出された小さいころのR さん。

子供のR さんは泣いて怒っているんですね。

その時

「弟がいるから私は要らないんだ!」

「弟さえいればいいんだ!」

「私は要らないからこんな酷い仕打ちをされるんだ」

と思っちゃったんですね。

​そして激しく怒って

泣き叫んでいるのです。

​浮気のルーツー事実と解釈の違い

しかしセッションを進めていくと、事実は全く違いました。

弟がいるからRさんに厳しくしたわけじゃなかったのです。

​なんてことはない、

Rさんが弟をいじめてわがまま放題するから、お母さんが見るに見かねて雷を落とした、ということ。

そもそも自分がやったことに対して怒られた。それだけの話だったのです。

ところが問題になっているのは、怒られていることをちゃんと受け止めず

「弟がいるから私はいらないんだ」と全くズレた解釈をしているところ。

​ズレた解釈で自分を正当化ー浮気が生まれるからくり

つまり自分の非を認めて「ごめんなさい」と謝って自分の行動を改めれば済んだものを、

それをせずに、ズレた解釈で自分を正当化したのです。

理不尽な目に遭った可哀想な悲劇のヒロインになって、自分を正当化した。

これがRさんの思考の癖。


なので今でも夫からアレコレ言われていても、それをちゃんと聞かずにズレて解釈する。

そしてこれは浮気をしている証拠だと決めつけ、自分で自分を苦しめている。

​言われたことをキチンと聞いて改めればいいだけなのに、自分の非を見ず、改めない。

そして浮気しているに違いないと疑いつづける。

これを息を吐くがごとく自然に、何十年もやっていたことに気づかれたんですね。

まとめ​

実はこの2、3日のセッションで、このケースが連続5名!!いやもうびっくり!

現れている問題そのものは、浮気ではなく全員違うのですが

中身は全て「自分を正当化するためにズレて解釈」

これだけ続くということは、

私自身の中にもあるのかもしれませんねえ(苦笑)

この記事も参考になりますよ!

https://realize-bp.jp/8278

 


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!