チャイルド思考は全部だめ!いますぐ撲滅させなければ!そんな風に思っていませんか?

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー主宰 湯川央恵です。

まだチヤホヤされたいが残っている時

こんな相談が来ました。
いつも湯川先生のブログとメルマガを読んでいます。先生のブログは「なるほど!」と思う気づきがあります。

私は3代続く食品メーカーの会社を経営する家の第一子として生まれました。
先生のブログを読み込んだ結果、付き合うとうまく行かない理由が 子供の頃から「蝶よ花よ」と可愛がられ、世間知らずでわがまま一杯でここまで来たから、とわかりました。

自分の未熟さに恥ずかしさでいっぱいです。親だけでなく祖父母からも、たくさんのことをしてもらっていました。

でもまだ「チヤホヤされたい」という思いが、どうしても拭いきれません。
親とのことも随分と楽になってきたので、あと少しこの思いをどう処理すればいいのかをお伺いしたくメールさせていただきました。

はい、ご質問ありがとうございます。
これだけの情報なので、わかることだけでお伝えしますね!

まずは「蝶よ花よと可愛がられてきた」これがわかるだけでも本当にすごいことなのです。
おまけにチャイルドの本音を「チヤホヤされたい!」とキチンと受け止めておられるだなんて!素晴らしいです!
これ、なかなか出来ないことですからねー!
自分の欲求や本音を、自分がわかることって、すんごく大事です!

チヤホヤして欲しいが悪になる時

で、チヤホヤされたいって、これ自体は悪いものじゃないんですよ。
これが問題になるのは、欲求に伴う「行動をしてない時」なのです。

つまり「チヤホヤしてほしい」と思うだけで、自分は大したこともせず、ただ存在しているだけでそれが手に入る、と思っている時ですね。こういう時に問題が起こるわけ。

チヤホヤしてもらえていた子供の頃の思考パターン

これは自分の思考が、一部子供の頃のままになっているから。
今あなたは立派な大人なのですが、脳の一部に、子供の頃の思考パターンが残っているんですね。
それが自分よりチヤホヤされていたり、優先されていたりするのを見ると、スイッチが入って大暴れしてしまうわけ。

子供の頃って、何もしなくても「子供だというだけで」優先してもらい、構ってもらい、チヤホヤしてもらえてきました。
だから大人になっても「そういうものだ」と、同じ思考パターンで解釈しているから勘違いして、問題が起きるんですね。

解決方法ー仕事をしている方

じゃあ、どうしたらいいのか?
チヤホヤを否定しなくていいんですよ。
チヤホヤされたい!という欲求に伴う努力をすればいい、ということです。これ、相手をコキ下ろす努力をする、ということではないですよ。

ちょっと考えてほしい。大人が「チヤホヤ」される時ってどんな時ですか?

仕事で圧倒的な結果を出した時、成果をもたらした時は、何も言わなくても、周りやら「チヤホヤ」されますね。
「カバン持ち」なんて方もついて「特別扱い」だってされます。

そうやって何かで結果を出せる自分になっていきましょう。そしたら黙っていてもそうされますからね。
今すぐは無理かもしれない。でも「なるほどそうか!」と思って、結果をだせる自分になるために何ができるかを考え、行動を起こしてみるってこと。

1ミリでもいいから、毎日それに向かって歩みを進めていくこと。
そんな自分をちゃんと認めて褒めてあげること。

すると気づくとそんな自分になれていますからね。

解決方法ー専業主婦の方

「専業主婦の場合だったらどうすりゃいいのよ!」って思う人もいるかもしれません。
そういう場合でしたら、家庭内の中で自分や家族が、圧倒的に居心地良い場所を作ってみましょう。
家族が外で活躍した後、まっすぐ家に帰ってきたくなるような、住環境を作るって感じ。
お金をかける必要はなくて、まずは断捨離。そして整えていく。掃除、洗濯、料理、その他家事を心を込めてやってみる。

そして何よりも、未来の自分にふさわしい環境にしてあげる

これが一番自分をチヤホヤすることだと思うんですよね。

仕事している人も、専業主婦の人もできますね。
これが「大人のチヤホヤ」なんです。

欲しいものを欲しいと認めた後にやること

チャイルドがほしい!と思うものを否定しなくていいんです、与えてあげたらいいんですよ。
その代わり子供の頃ままの与え方ではなくて、自分がレベルアップする方向で与えてあげたらいいんです。

「チヤホヤされたい」以外に以下のような思いも同じ。

  • 構って欲しかった
  • 私だけを見て欲しかった
  • わかって欲しかった
  • 最優先して欲しかった
  • 特別扱いしいて欲しかった

これらの思いを否定しなくていいの。
その代わり子供の頃のまま「何もしなくても自分が存在するだけで与えられる」という勘違いはやめる。

こういうものって全部「相手の反応を欲しがっている」わけですね。
相手の反応って、相手次第だからそこに期待しないの。期待はせずに自分のやるべきことを淡々とやるってことね。
そして何よりも自分が自分に与えてあげるってこと。

  • 構って欲しかったなら、自分が誰よりも自分を構ってあげる
  • 私だけを見て欲しかったなら、自分が誰よりも自分を見てあげる
  • わかって欲しかったなら、自分が一番わかってあげて
  • 最優先して欲しかったなら、自分が一番自分ファーストにしてあげる
  • 特別扱いしいて欲しかったなら、自分が自分を特別扱いしてあげる

自分の感情を否定しないことです。
「こんな子供っぽい思い、アタシは持ってませんことよ」って、誤魔化す方が百害あって一利なしです。
誤魔化しても本音は「チヤホヤして!」「特別扱いして!」「最優先して!」と思っているわけですからね。
すると、そういう人をみると嫉妬で目がギラギラして苦しいだけ。

だから「本音」を隠さない〜!。

その上で「大人の与え方」をしてあげてくださいねー。
自分が自分に与えていくと、いつの間にかそういうものって、欲しいと思わなくなりますからねー。
欲しいものが、別のものに変わっていくと思いますよ!


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!