パートナーシップ心理学アカデミー メルマガ月曜日担当 大城悦子です。

​さて、あなたはこんな経験ありませんか?

楽しいデートの最中や家でくつろいでいる時、ふと気づくとパートナーの機嫌が悪い…

 

何を言ってもぶっきらぼうな返事が返ってくる。

目を合わせない。

でも特にパートナーが不機嫌になる原因が思い当たらない。

こんな時、どうしますか?

なんだか理由はわからないけど、とにかく相手の機嫌をとろうとあの手この手を、繰り出してしまってはいないでしょうか?

私もこじらせていた当時は、わかりやすくほめてみたり、彼が好きな話題を振ったりして、なんとかご機嫌を直してもらおうと必死でした。

それは彼の不機嫌の原因が自分なんじゃないかと感じていたから。

だから理由はわからないけどなんとか挽回しようと、思いつくことを手あたり次第やってしまう。

でも本当に彼の機嫌が悪いのは私のせいなのでしょうか?

コレ、答えはYESであり、NOでもあります。

これだけじゃ意味わからないですよね。ちょっと解説しますね。

そもそも彼が不機嫌というのは私の主観であって、客観的な事実とは限らないんです。

私には不機嫌そうに見える、ということ。

例え彼が何か仕事でいやなことがあって、本当に不機嫌な状態だったとしても、それは決して自分のせいでも、周りの誰かのせいでもないのです。

なぜなら、彼の機嫌を直すには、彼自身が自分の気持ちが落ち着くような、よくなるような行動していかなければいけないんですね。

自分の機嫌は自分の責任なんです。それが大人ってもんなのです。

ということは、彼の機嫌が悪いのは自分のせい?

答えはNOです。

 

でもね、そんな時、そばにいる私が必死に彼のご機嫌取ってしまうと、どうでしょう?

本来自分で引き受けるべき自分の機嫌の責任を、彼は取るチャンスを失ってしまうのです。

その結果、彼は自分の機嫌の責任は相手に取ってもらえばいいと、だんだんと学習してしまうのです。

この場合、彼の機嫌が悪いのは私のせい?

答えはYESです。

彼の機嫌が悪いことは私の責任ではないけれど、私がご機嫌とりをして彼の責任を横取りしてしまっているのなら、そこには私の責任も大いにあるということです。

本当は自分が取らなくていい責任を取ろうと、必死になっていないでしょうか?

 

もし思い当たるふしがあるとしたら、それは、そもそもあなたの中に

「機嫌は自分でコントロールするものではなく誰かに直してもらうもの」

という前提があるからなのだと思います。

 

​子どもの頃、何か気に入らないことがあると、ブスっとふくれてみたり、急に何も話さなくなって、不機嫌をアピールしていたのかもしれません。

そしてそういう態度をしていると、親や周りが察してくれて、はっきり口に出さなくても、自分の要求が結果的に通すことができたんだと思います。

まぁ小さな子供の頃なら誰しもそういう経験があるでしょう。

 

でもそれを成功体験として「機嫌を悪くすれば、自分の思い通りになる」という前提を持ったまま大人になってしまうと、パートナーや周りの人の不機嫌オーラをキャッチしてしまった時には、自動的に「相手の要求を察して思い通りにしなきゃ」「私が機嫌を直さなきゃ」という命令を自分に出してしまうのです。

​これが相手の機嫌を必死にとろうとしてしまう元なんですね。

もしいつも相手の機嫌が気になったり、顔色をうかがってしまうとしたら、自分の中にごきげんを取ってもらいたいという思考がないか、振り返ってみてくださいね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

大城悦子


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!