自己否定感や罪悪感を解く方法ー「私のせい」の囚われから自由になる

自分で自分を幸せにし、
お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!

パートナーシップ心理学主宰 湯川央恵です。

 

先日のメルマガ
「不倫を止められない理由と対処法」はこちらにアップしております。

さて、私達の心の中には、
自分でも気づいていない感情がいくつもあります。

分かりにくいものが
「罪悪感」

罪悪感があると、
アタマでは「幸せになりたい!」と思っているのに、
幸せにならないような出来事を、次から次へと選んでしまうことがあります。

images-1.jpg

「え?罪悪感?ピンとこない
と思う人も多いかもしれませんね。

この罪悪感は平たく言うと
「自分を責めてダメ出しする思いのこと」

人のことを傷つけたり、
ヒドいことをしてしまった!
という場合に感じる罪悪感は分かりやすいでしょう。

また
「こうすべきなのに出来なかった」
「こうすべきじゃないのにやってしまった」
なども、比較的分かりやすいと思います。

しかし自分ではなかなか分かりにくい「罪悪感」もあるのです。

それは「私のせいで」という思い。

例えば、
いつも悲しんでいるお母さんを、自分が元気づけようとしてきたのに、
それが出来なかったとか、

images-4.jpg
自分さえ生まれて来なかったら、
お母さんがこんな苦労せずに済んだのにとか、

難産で生まれ、
その後お母さんの、産後の肥立ちが悪かった場合とか。

こうして

「迷惑をかけた」
「役に立てなかった」
「助けられなかった」という思いのさらに奥深い所で

「私のせいで」
という思いを持ってしまうことがあるんですね。

こういう自分を責める思いがあると、
見事に自分が、幸せになる事の足を自分が引っ張ってしまいます。

するとDVするような相手とばかりパートナーになったり、
口撃を受ける対象になったり、
会社では自分だけザービス残業ばかりしてしまったり
いじめの対象になってしまったり…。

 

でもね…

どんなことであれ
メリットがあるから「自分が決めて選んでいるのだ」ということ。

でも罪悪感を感じて
「自分が悪いんだ!」と思っていることに、
メリットがあるだなんて、とても思えないですよねえ〜。

これこそが罪悪感に隠されたカラクリなのです。

じゃあ、どんなメリットがあるのでしょう?

 

「私が悪いんです」と言えば、何となく美しいと思いませんか?

これ以上責められないような、そんな気がしないでしょうか?

反省している”風”に思いませんか?

download-17.jpg

実は、罪悪感があるというのは、
本当の意味で
自分の非を認めていない状態と言えるのです。

心底自分の非を認めた時、人はどうなるでしょう?

罪悪感を感じる、というよりも、
二度と同じ間違いをしないと心に決め、行動が変わって行くんですね。

だから「罪悪感がある」というのは
アタマで何となく「悪かったとは思っている」という状態。

それと、罪悪感や自己否定が強い方は、
同時に誰かのことを強く責めている、
ということを知って頂きたいのです。

自分を責めてダメ出しするか、
他人を責めてダメ出ししているか、
方向性が違うだけで、中身は「責める」ということで同じなのです。

人を責める攻撃的な部分を隠す為に、
罪悪感という隠れ蓑をかぶっている、と言ってもいいかもしれません。

おまんじゅうをイメージしてください。
中身の「人を責める思い」がアンコ。

このあんこが大きい程、「罪悪感という皮が厚い」ということになります。

download-18.jpg

なので罪悪感や自己否定を解こうと思えば、どうすればいいですか?

そうですね!

先に自分が、誰かを責めている思いを解く必要があります。

これが解けないと、いつまで経っても自分責め、
自分にダメ出しすることが止みません。

そしてその責めている相手は
パートナーや元彼だったりするかもしれませんが

ルーツは
ほとんどの場合「親」もしくは「きょうだい」なのです。

口には出さないものの
親やきょうだいを心の中で思いっきり責めているはずです。

そして誰かを責める思いが強い人ほど
「自分の正しさ」にこだわります。

ですので自己否定や罪悪感が強い方は
「誰を私は責めているんだろう」とまずは考えてみて下さいね!

 

そしてその責める思いは、果たして正当なものなのだろうか?

それをちょっと考えてみて下さい。
こちら参考記事です。

 

ー 期間限定小冊子プレゼント ー

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師