脱・共依存!あなたが幸せでいることが、本当の親孝行

親子関係に問題がある人は、夫婦関係にも問題がある

たくさんのクライアントと接してきて、確信していることがあります。

それは、わが子との関係に問題がある人は、たいてい、夫婦関係が希薄ということです。

そして、そのほとんどが、自分の親との関係にも問題を抱えています。

 

つまり、親子3世代にわたって、こじらせているのです。

親▶︎夫婦▶︎子ども という流れになっているんですよね。

 

ですから、問題の源泉となっている親との関係性は、無視できません。

 

今、お子さんとの関係に悩んでいるあなたのご両親は、こんな夫婦ではありませんか?

 

◆夫婦の繋がりや絆が薄い

◆母親が一方的に我慢を強いられている

◆父親がダメンズ

 

こういう夫婦関係の親は、子どもに寂しさや自分自身の価値の確認を求めてしまうのです。

その結果、親子の癒着が強く、子どもの人生に母親が介入し過ぎてしまうわけです。

でも、夫婦関係が良好であれば、母親が子どもに対して過干渉になることは、減るはずです。

 

私たち親は、夫婦のコミュニケーションの在り方を、日々子どもに示しているのです。

子どもは、コミュニケーションのモデルとして両親を見ている。学んでいる。

 

『夫婦喧嘩』は、してもいい

どうか、誤解しないでください。

 

夫婦喧嘩をしてはならないという意味ではありません。

当然、意見の対立があってもかまいません。

 

対立した時に・・・

◆折り合いをつける。歩み寄る。

◆気持ちを出しあう。せめぎ合う。

◆それでもお互いを受け入れていく。

 

このようなプロセスを見せていくことが、大切です。

 

 

親として、子どもに何を言ったか、何をしたかについては、省みることもあるでしょう。

でも、何を見せていたかという点について、もっと敏感になったほうがいいのです。

 

子どもの前で、夫婦のどんな愛憎劇を繰り広げてきたのか、どんな会話を聞かせてきたのか。

それらがとても大事になってきます。

 

夫婦の意見が合わないとき、どうしていますか?

お互いの希望や意見を言い合うことで、相手の気持ちが分かるものです。

譲歩しあったり、折り合いをつけていく姿から、子どは学ぶのです。

 

 

もし、「ケンカはダメ」「平和こそが一番」と思っていたとします。

どうしても、自分の言いたいことや、抱いた気持ちにフタをして我慢することになります。

 

そんな夫婦を見て育つ子どもはどうなると思いますか?

◆自分の意見を抑えて「我慢する」

◆自分の意見を通す為に「支配的になる」

このどちらかに、偏りがちになります。

 

母親が満たされていれば、子供は自分で幸せをつかめる!

 

私たちの親の時代は「良妻賢母」であるべきだと思われていました。

「我慢することが美徳」だと考えられていたのです。

 

私たちの世代も、どこかそんな風潮を無意識に受け取っているのでしょう。

 

子どもに幸せになって欲しいと願うなら、母親自身が幸せでいることが重要です。

我慢ばかりしているのではなく、日々楽しそうに生きていること。

自分が満たされていない母親は、子どもが幸せになることに嫉妬するんです。

(もちろん無意識に)

 

もしあなたが母親ならば、子どもよりも親よりも、夫よりも、何よりも

自分が幸せになることを優先してください。

 

まずは母親である自分が幸せになることで、子どもは幸せになれます。

 

あなたがまだ結婚しておらず、母親が幸せそうでない場合も同じですよ。

母親の面倒を見るよりも、自分のことを優先してください。

 

それは親不孝なことでも何でもありません。

周りの親戚から何か言われても、気にしなくていいのです。

 

「母親を幸せにしなければならない」という幻想は捨ててください。

 

母親の幸せは、母親が自分で獲得していかなければならないものなのです。

それを、子どものあなたがずっと手助けしていると、母親は本当の自分の力を出せません。

 

母親の依存傾向は、あなたが片棒を担いでいると言ってもいい。

あなたがまず、その役割から降りましょう。

親を支える為に子どもが無理をしているなら、親にとっては悲しいことです。

 

あなたがその役割から降りることで、あなたも母親も、両方を幸せに導くことができます。

「共依存」という、どちらも不幸にしてしまう負の連鎖を終わらせるのです。

 

 

まとめ

うっかり、あなたの母親の人生を生きてしまっていないでしょうか?

無意識のうちに、自分の価値をわが子に確認するような干渉をしていないでしょう?

 

母親の幸せは、母親自身が自分で獲得していくものです。

娘であるあなたが、代わりに叶える必要はありません。

そして、親であるあなたが、子どもにそれを強いる必要もないのです。

 

あなたは、あなたを満たすことに力を注いでくださいネ。

それこそが、あなたのお子さんと、あなたのお母さんと、あなた自信を幸せにする道なのです。

 

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、フラクタル、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。