親は反面教師ですか?

おはようございます。

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー主宰 湯川央恵です。

娘の結婚式のため昨日から東京入りです。
久しぶりの東京はワクワクする反面、感染予防のため今まで以上に神経を使います。

暴れる子供

さて南紀白浜空港から、羽田行きの飛行機の中でのことを、お話しさせてください。
1、2歳くらいの子供連れ夫婦が、私の斜め後ろに座っていました。間も無く離陸という時、ぐずりだしたんですね。

「これは来るかも」と思った時、離陸とともに案の定、ギャン泣きが始まりました。

ダウンロード (2).jpeg

お父さんもお母さんも大慌てであやすのですが、全然ダメ。CAさんが来てもダメ。
泣いて暴れて飛行機の通路を背中でズリハイ?して怒りをアピール。

自分に都合よく記憶される

大人たちが総出で、なだめている姿を見た時、やっぱり思います。

子供が忘れていようが、なんと言おうが、こうやって親や周りの大人に、
散々手をかけてもらって大きくなっているということを。

「でも私は親に構ってもらえませんでした」

「大切に扱われた記憶がありません」なんて声を聞きますが、それはもう自分の勝手な記憶の中だけのこと。

一人の人間を、こうやって赤ちゃんから大人に育て上げるまで、一体どれほどの「エネルギー」と「関心」と「時間」と「お金」を使ってもらっているか。それは決して当たり前のことではないのです。

自分の記憶の中で、思う時、思うように、思うタイミングで、自分が期待していることを親はしてくれなかった。
だからそう思うことで、親よりも自分はずっとマシだ、と思えるんですよね。

でもそれって相当高い期待と要望。
「育てる以上のことをせよ!」「アタシに細心の注意を払い、アタシの望むことをせよ!」と思っているってことと同じですからねえ。

自覚のなさが一層問題を複雑にする

「親は反面教師です」
そうおっしゃる方は、私はあんな愚かなことはしません、私は親とは違う、そう言いたいわけです。
でもね本当の反面教師って、そういう意味じゃないんですよ。

雑誌「致知」3月号に「反面教師の本当の意味」がこんな風に書かれていました。若干要約してお伝えします。

あの人物の姿を、反面教師として学ぼう。あの姿は自分の中にもある。そのことをあの人は、教えてくれたのだ」という姿勢こそが「反面教師」という言葉の本当の意味なのです。
人に向けた批判的な矢印は、すべて自分にも向いていると自覚することで、生き方は随分変わってきます。

親を批判したい時は、親の一部しか見えていないし、批判している部分は、自分にも”ある”ということ。つまり自分の「写し鏡」だということなのです。

鏡

親だって人間です。間違いもするし感情的に怒ることだってあるでしょう。失敗だってします。
でも自分を棚にあげて、親を批判しているときは、自分も同じことをやっている、或いは同じものがあるとは全く「自覚していない」ということなのです。
その姿勢こそが、むしろ「親を見下している」ということ。

自分はできているつもりだし、分かっているつもりだし、聞いているつもり。

あなたの現実が何も変わっていないのであれば、それは「つもり」なだけってこと。つまり「自覚がない」ということなんですよ。何も道徳的に「親に感謝しましょう」とか言ってるのではないのです。

ここがわからないと、パートナーシップも子供との関係も、上司部下との問題も、何も解決しないから言ってるわけです。

でもやっぱりピンとこない。
自分の場合だとどうなるの?なんでパートナーとの関係と親との関係がつながるの?
もういい加減パートナーとのことで悩むのは終わりにしたい!

そういう方は個別体験会にお越しください。

IMG_2563.JPG

その悩みに、一体どれだけの時間を使ったのでしょう?
そしてこれからもまだ時間とエネルギーを使い続けますか?
残席1となりました。

無料で学べる

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・チャイルドセラピー修了
・原田隆史リーチング講師