犠牲的我慢をするホントの理由

なぜ人は「自己犠牲的な我慢」をするのか?

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー主宰 湯川央恵です。

本当は嫌なのに、嫌とは言えず
察して欲しいと思いながら、嫌々引き受けてしまう。

そんな自分に嫌気がさしているにも関わらず、
同じような場面では、やっぱり我慢して引き受けている。

ほとほと嫌になっちゃいますよね・・・。

私もこのパターンは、散々やって来たので、
嫌になる気持ちも、ついやってしまう気持ちも、よーくわかります。

「私ばっかり損してる!」

こんな言葉がよく出ていた記憶がありますよ(苦笑

1494504_s (1).jpg

 

そもそもなんで、こんな自己犠牲的に我慢をしてしまうのか?
今日はそのことについてお伝えしていきますね。

まずはわかりやすい理由から。そして後半は「え?マジすか?」という理由を。

自己犠牲的に我慢する理由

自己犠牲的に我慢をする理由、まずはコレ。

自己価値や自己評価が低く「自分なんて」と言う気持ちが常にあるため

その低く欠けた部分を、他人からの評価や賞賛によって、ようやく埋めているので、気づけばいつも自己犠牲的我慢をしてしまうんですね。

すると、いつも他人の顔色を常に伺うことに・・・。

犠牲的我慢の隠れた本音

さらにこの我慢の裏側にはこんな隠れた本音があるのです。

「これをやれば褒めてくれるはず」
「認めてもらえるはず」
「評価してくれるはず」
「わかってくれるはず」
「受け入れてくれるはず」
「理解してくれるはず」
「味方になってくれるはず」
「側にいてくれるはず」
「構ってくれるはず」
「愛してくれるはず」・・・

ダウンロード (6).jpeg

こんな見返りを期待したまま、ヒモ付きの思いでやるので、
相手からすればプンプン臭うのです。

「見返り求めてます臭」です(笑)

逆の立場だと、よーくわかると思います。
褒めて欲しそうにアレコレしている人に、気持ちよく褒める事ってできますか?なーんか、嫌な感じしまません?

その臭いを出さなければ、褒めようと思ってたけど、
見返りを期待されてそれをそのままやると、なんか持って行かれたような、奪われたような、なんとも言えない気持ちになりませんか?

本音でやってくれているのと、見返りを期待したまま
ヒモ付きの思いやるのと、やっていること自体は同じなんですよ。

でも多くの場合、紐付きでやったその期待は
裏切られるのです。辛いっす〜ー!

すると、こんなにやったのになぜ!と怒りを伴い、
一層その犠牲的我慢が加速することになります。

自己価値・自己評価の低い理由

ではそもそも、なぜこんなに自己価値や自己評価が低いのか?

これは逆説的なのですが

「褒められたり評価されることが、当たり前の環境だった」から

「ん?」と思われました?(笑)

本人の自覚あり無しに関わらず、実は小さい頃
本当に褒められ評価されていたはずなのです。

download-17.jpg

それが当たり前過ぎると、むしろ褒められなかったこと
評価されなかったことが「際立つ」わけ。

普段認められている部分は当たり前なので、
むしろそれ以上に褒められ、認められ、評価されないと
「私は褒めてもらえていない」と思うんですね。

この辺りのことは、脳の機能について書いた、この記事をぜひご一読いただくと、よく理解できると思います。

ですので実は「自己評価が低い」と思っている方ほど、
その方に普通に褒めても、それは褒めに該当しません。

相当高いレベルで褒めたり認めたりしないと、カウントされないのです。

07061.jpg

それほど普通レベルの褒めは、当たり前のように受けて来たと言うこと。
なので相手に対して
褒めて欲しい要求度が、めっちゃ高いです!

でも本人は
「え?どこが?至って普通なんですけど?」と思っています(笑)

これはこれまで湯川が3000人の方の相談を受けて来たからこそ、わかることなんですね。

本当に親から愛され、認められ、受け入れてもらっていた方ほど、渇望感を感じています。

じゃあ自分を大事にする
具体的な方法はどうすればいいか?

長くなりました。それは明日お伝えしますね!

 

✴湯川の今日の一言

自己価値の低さは、要望の高さと反比例する

続きはこちら

無料で学べる

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・チャイルドセラピー修了
・原田隆史リーチング講師