「もっと自分を大事にしていいんだよ」とか「自分を満たしてあげましょう」

これらの言葉、よく言われていますね。

例えば、
彼からひどい言葉を投げつけられたり
ブラック企業と言われるところで、ボロボロになるまで働きづめだったり・・・。
そんな時、これらの言葉に救われる気持ちになります・

でもどうすることが「自分を大事にすること」や「満たすこと」になるのでしょう?
そう言う環境から抜け出すことが、自分を大事にすることなのか?満たすことなのか?
そもそも「自分を大事にする」とか「満たす」ってどういうことなのか?

分かっているようで、分かっていないことだと思うので、今日は改めてみなさんと一緒に考えていきたいと思います。
(本来は「大事にする」ことと「満たすこと」は違うのかもしれませんが、今日は同じこととして扱い、便宜上「大事にする」という言葉で集約します)
unnamed.jpg

「自分を大事に」と言われるそもそもの理由

そもそも「自分を大事にしましょう」と、なぜこんなにも言われるようになったのでしょう?
これは湯川の仮説ですが、、、
「我慢が美徳」
みたいなイメージがあるからじゃないかな、と思ってます。
我慢して我慢して、散々自己犠牲のようなところまで行くから
「もっと自分を大事にしましょうよ」って言われるんだと思うのです。

2種類の我慢

ただ、その我慢にもいい我慢問題ある我慢の2種類があるの。

1つ目のいい我慢

これは自分が何か成し遂げたい結果を得るために、目の前の楽しみを我慢するもの。
例えばビールを飲むことやYouTubeみることを我慢して
今やるべきことをやる、と言うもの。
それって、自分が欲しい未来があるから、どちらかと言うとそれが終わると
「よーやったアタシ!偉いっ!」って褒めることのできる我慢
そしてその我慢は、晴れ晴れしたもの。
download-14.jpg
あと、自分の成長のためには、今は面倒でも苦しくてもやったほうがいいもの。
例えば子供の頃
「勉強しなさい」
「早寝早起きしなさい」
「靴をそろえなさい」
「挨拶しなさい」
こんなこと、なんで言われるか、わからなかったですよね。
出来なくても問題ないでしょ!と思ってましたよねー。
うざいし、面倒で仕方なかったけど「我慢」してやって来ました。
おかげで大人になった今、基本的ベースができていたり、コツコツ努力することの大切さも実感出来ていると思います。
unnamed (12).jpg
こう言う我慢は良い我慢

問題のある我慢

一方、問題のある我慢は
本当はやりたいことがあるけど、人目を気にして我慢するとか、
怒られるのが嫌で我慢するとか、嫌われるのが嫌で我慢するとか。
他人の気持ちが気になり、自分の気持ちを押し殺してしまう状況ですね。
これをやると何が起こるか?
「アタシばっかり我慢してる!」
と思って自分ばかりが損しているように感じるわけです。
いやー、これだけで、すでにストレスフルじゃないですか?
おまけに自分が我慢していることを、大っぴらにやっている人がいると
腹が立って仕方ないの。
図1.png
例えば、人に甘えることを我慢して、自分で何もかも やろうとしている人に
「ねえ♡これやってー、アタシできないの」なんて言うような輩がいると、
目ん玉飛び出るくらい怒りが湧いてくるわけ。
それを表現するかしないかは別ね。腹ん中は煮え繰り返っているはずです。

我慢をする人の特徴

なのでそういう我慢をしている人は、人にも
もれなく我慢を押し付けます。
いい我慢は自己完結できるんだけど、問題ある我慢は人に押し付けるんですよ。
それも正当そうな理由をこじつけて(笑)

それはもう、当然そうなるでしょう。
だっていつも我慢してるんだから、人が自由奔放にやってると
そりゃ我慢ならんのよ。
なので、自分を大事にしましょうね、と言うのは、この場合、後者に対しての言葉になります。

じゃあそもそも、なぜ後者の人は自己犠牲的に我慢ばかりしてしまうのか?
不思議だと思いません?

やめればいいのに、なぜそこまでやってしまうのか?
これは単純に「嫌われたくないから」と言うのがその答えとして
もっとも多いと思うのですが、湯川としてはもっと突っ込んで考えてみたい。
この続きはこちら

犠牲的我慢をするホントの理由