夫に負けた?旦那が自分の期待した反応じゃない時にイライラする原因・対策・予防

相手が自分の期待した反応じゃなかった時、私達は「えっ?」と一瞬驚きます。特に夫や近しい人であるほど相手を責めて爆発していませんか?
その現実をどう捉えたら幸せに過ごせるのか。今日はそのことについてお伝えして行きます。

相手が自分の期待した反応ではなかった時

今日も好評につき、メルマガ読者さんからの質問にお答えしていきたいと思います

湯川さんいつもメルマガをありがとうございます。

夫にカチンと来ると我慢できずに言い返したり、我慢できたとしてもネチネチとイヤミを言ってしまいます。

こうなってしまう理由は湯川さんのメルマガで「自分の思ったことは通って当たり前だ」とか「理解してもらうのは当たり前だ」と思っていたからだと気づきました。

そんな自分自身を修正していこうと今頑張っています。

その上で私がもっと心がけることがあれば教えて頂きたいのです。宜しくお願いします。

 

Yさん、メルマガだけでそのように気づかれたのは、ホント凄いことですね!

その上でYさんがもっと心がけると良いことは「自分の思った反応じゃないとき、どう対応すれば良いか」ということかと思いますので、それについて考えてみました。

反応的⇔主体的

「7つの習慣」という書籍はご存知でしょうか?

https://amzn.to/2GA4yJs

以前、メルマガやブログでも何回かご紹介させて頂いたことがあります。

この書籍に中に「刺激と反応の間にスペースを持つ」という説明があります。

私達は普段、何かの出来事や問題など、起きたことに対して、そのまま感情的に反応してしまうことがあります。

それが「刺激 即 反応」と言って、そのような人のことを「反応的な人」と書籍では書かれています。

「反応的」の反対は「主体的」

では主体的な人はどのような反応を取るのかというと「刺激 即 反応」ではなく、「刺激」と「反応」の間にスペースを持つんですね。

 

 

例えば夫から「なんでコレやってくれてないの!」と言われたとしても、ソッコーで言い返したりするのではなく

「夫が求めていたレベルはどこまでのことだったんだろう?」「夫が本当に言いたかったことは何だろう」と、いうように外からの刺激に対して、すぐに反応せず、ひと呼吸置く、ということが「スペース」を持つ、ということなんですね。

つまり、スペースを持たないというのは、相手の言い方や態度に引っかかってしまい、本当に言いたかったこと、伝えたかったこと、分かって欲しかったことを見れていないということ。

分かっていてもなかなか難しいですよね〜。

だからまずは「スペースを持とう」と思うこと。

この思いを持っているのと、そんな考えすら無いのとでは、雲泥の差だと私は思うのです。

何を選ぶかは本人の自由意志

また私達は生きている間、外からの刺激を止めることはできません。

イヤなことを言われたり、否定されたように感じたり。失敗することだってあるでしょう。
それらを避けて通ることは、生きている限り出来ません。

「あの時否定されたからこそ、今自分は成功できたのだ」という人もいれば「あの時否定されたからこそ、今自分はこんな不幸なんだ」という人も居ます。

「あの時失敗したからこそ、今自分はここまでの自分になれた」という人もいれば「あの時失敗したからこそ、今自分は何もかもうまくいかないんだ」という人も居ます。

刺激に対してどういう反応をするのかは、100%自分の自由な選択に任されているわけです。

ここ、大事なことなのでもう一度言いますが、自分が何を選択するかは、全部自分の自由になる、ということなのです。

 

 

人のせいにする生き方を選ぶこともできるし、幸せな生き方を選ぶこともできる。

だからこそ即反応してしまうのではなく少し立ち止まって、ひと呼吸おいて考えてみる。

これが大事なのだと思います。

相手の発言は自分の人格レベルを投影

書籍7つの習慣では「相手からの発言は自分の人格レベルを投影しているだけ」と書かれています。

例えば「否定された」とか「傷つけられた」と思っているならば、それは自分の中にあるものが、鏡として相手に映っているということ。

 

 

つまり否定したり傷つけるような思いを、自分こそが普段から持っていた、ということなんですよね。

それがあまりにも当たり前だと、持っていることすら気づかない。

なので「やられた」時に「ヒドい!」と思い被害者になってしまうのです。

まとめると

「自分の思った反応じゃないとき、どうすればいいか」

1、刺激と反応の間にスペースを持とう!とまず思うこと

2、刺激の後に、ひと呼吸置くこと

まずはこの2つでしょうね。

そして「7つの習慣」は是非読まれるといいと思いますよ。

https://amzn.to/2GA4yJs

一人で頑張らないで。湯川がついてますよ

あと、自分一人で思い込みを修正するのはかなり難しいと思います。Yさんが気づいた思い込みだけじゃないはずです。
私達は沢山の歪んだ思い込みを持ってますからね。

また湯川の個別サポートのプログラムの募集をしますので良かったら受けられると良いと思いますよ。根っこから見て行きますので変化のスピードが早いです!

湯川 央恵

 

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

 

 

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師