突然ですが、
もしあなたが独身だったとして、仲良かった友達が自分より早く結婚や出産したなら、あなたはどんな気持ちになりますか?

しかも友人の中で、自分が最後の独身者になったとしたら?

口では「おめでとう!」と言いながら、心の中は嫉妬心でコゲコゲにならないでしょうか?

嫉妬心なんて感じたくもない!

そう思ってネガティブな感情を無視したり、無かった事にしてしまう人の多い事!

でもハッキリ言います。
ネガティブな感情を押さえ込むと、かえってそれらは大きく膨らんで来るんですね。

むしろネガティブな感情には「お宝」が隠れているの!

しかも自分の未来をもっと幸せにしていく「お宝」ですよ!!だから絶対知っておいて欲しい!今日はそんな話をさせて頂きますね。

置いてけぼりになったような気持ち

さて、個別サポートを受けられているMさんが、まさに冒頭の状況にありました。

結婚が決まり嬉しそうな友人に、精一杯作った笑顔で「おめでとう!」と。

でも心の中では

何であの子が選ばれて私は選ばれないの!

結婚が決まるということは、社会的に評価された証拠、私にはそれがない!

きっと友達からも見下されているんだろうな…。
軽んじられているかもしれないなあ…。

口には出さない迄も、そんな苦々しい思いをMさんは抱えていらっしゃったんですね。

子供の頃に決めた事を無意識になぞって生きる

Mさんとはセッションで、この思いを丁寧に掘り下げて行きました。

 

すると4、5歳の頃の自分の姿が。優しくて大好きなお母さんとお出かけしています。

お母さんがほんの5〜6歩先を歩いて、手をMさんに差し伸べてくれています。

でもMさんは自分から歩こうとしません。

半べそかきながらお母さんから来てくれるのを待っています。5、6歩歩けば大好きなお母さんの胸に飛び込めるのに…。

小さなMさんは猛烈に怒っています。「何で迎えにきてくれないのよ!!」

そして心の中でこんなことを決めました。

「絶対自分から行ってやるもんか、そっちから来るまでテコでも動いてやらない!」と。

私達は子供の頃、自分の思い通りにならない時、無意識に何かを決めます。

例えば、病気の時だけ親に優しくされたと思った子供は「病気の方が愛を得られる。だから健康になってはいけない」とかね。

これを幼児決断と言って、別名人生脚本とも言い、無意識に決めたその事=「脚本」になぞった生き方を、大人になってもしてしまうのです。

でも子供の頃に何を決めただなんて、みんな覚えていません。だからこうしてプロから誘導してもらい、子供の頃に何を決めたのか、どんな思い込みを持ったのか、その内容を明確にしていくことって、めちゃめちゃ大事なんですよ。

登場人物が変わるだけで同じパターンを繰返す

Mさんの場合、頭では結婚したいと思っていました。

でも実際は婚活しない、いいなと思った人であってもこちらからアプローチをかけることはほぼなく、全て相手待ち。

まさに子供の頃に「絶対自分から行ってやるもんか、そっちから来るまでテコでも動かない」と決めた通りになっていたわけです。
不思議な事に自分にはその自覚が殆ど無かったのです。

ですので私からその事をお伝えすると、一瞬ポカンとした表情で「ほんとだ…。」と。

自分では自分のことって、ホントわかんないもんなんですよね。

実際はお母さんに「来て欲しい」と求めたものですが、この幼児決断は、登場人物がかわるだけで、同じパターンを何度も繰り返し、人生のあらゆる場面で出て来ます。

だから自分の思い込みを知る事って、ホント大事なんですよ。

そして思い込みを知ったら、今度はもう一つやらないとイケナイ事があります。それはまた次回にお伝えしましょう。

 

そうそう、9月に半年間の個別サポート「女神集中プログラム」の募集を3名だけ行います。

こちら現行の価格で受講できるのはこれが最後となります。以降は値上げとなりますので、もし受けたいと思っておられる方は、9月1日からの個別プレセミナー&説明会の募集にお申込下さい。

湯川 央恵


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!