気持ちが伝わらず不機嫌になってしまう時の対処法

湯川です。

今日は東京、雨ですね。午後からはかなり強く降る所もあるとか。
気温も昨日より低くなってるのでストールや上着をお忘れなく!

さて先日は、「不機嫌になる人の心理」についてお伝えしました。

不機嫌になるには「自分の要望は叶えられて当然だ」とか、「言わなくても察するべきだ」という思い込みがあり、なおかつ「私の意図を汲んで行動しなさいよ!」という心理が隠れている、ということをお伝えしました。

イヤー、昔の私、これを、ナチュラルにやってましたよ(苦笑)

ではこのようなシンドイ無言のコミュニケーションに陥らないためには、どうしたらいいのか?

それには3つのポイントがあります。

①伝える努力をする事

何はともあれ、まずはコレですね。

これを言うと一定数「え?言っていいんですか?」と驚かれることがあります。

いや、もう言わないと分かんないですからね〜。

ここをおろそかにしていると「分かってくれているはず」という恐ろしい妄想の世界に突入していきます。

例えば

「◯月◯日は付き合って1年目だね。折角なのであなたと思い出の◯◯に行きたいの」等と、キチンと要望を伝えるってこと。

「ほのめかす」とか「におわす」とかじゃ伝わっていませんからね。

ハッキリ伝える必要があります。

「察しろ」と言いたい人は伝える努力を放棄しているってことですからね。

②結果をコントロールしようとしない事

言ったからには私の言う通りにすべきよね、というのは違いますね。

それだと「人をアテにして依存をブッかます」という態度は、何ら変わっていない。

つまり「人は自分の思い通りに動いてくれるもの」という、そもそも自分が持っていた依存の前提がそのままだ、ということになりますからね。

普段自分の思いを口にしなかった人は「伝える」ということだけで、何だか「大仕事」をやったような気になるのです。

だから「言った事で満足」しちゃうわけですねー。

でも「伝える」のは当り前の事なのです。

朝、顔を洗うのと同じくらい、あたりまえのこと、と言えばお分かりいただけますでしょうか?

伝えた後どうすれば良いのか?

伝えたら、その結果をコントロールしない、ということが大事!

その日、彼は都合が悪いかもしれないし、何か既に予定があるのかもしれない。

自分の言った事が必ず叶えられるとは限りません。

先ほども言ったように、自分の思いをちゃんと伝えて来なかった人は、「伝えることに満足」します。

つまり「伝えたら叶うものでしょー」となぜかナチュラルに思いがちなんですよね。

「え?このアタシが勇気を出して言ったんだよ。それに対してNoってアリえなくね?」

そう思うとしたら、これまで散々周りの人に気を遣ってもらって、叶えてもらっていた、と言えるかもしれませんよ。(笑)

自分が自分の思いを伝えることは100%コントロールできますが、相手がどう答えるかは100%相手の自由意志に任されています。

そこには介入出来ません。

介入しようとするとおかしな事になってしまいますね。

つまりコミュニケーションにおいては「自己責任」の原則が明確にあります。

言ったなら言ったなりの、黙っているなら黙っているなりの、自分の行動の結果を自分で引き受けます。

言ったことを無理やり叶えさせようとするのは違うし、不機嫌になって当たり散らすのも、自分の行動の結果の責任を引き受けず相手のせいにしている、ということですからね。

相手とのコミュニケーションの半分は自分にも責任があることを忘れずに!

③自分が叶えてあげる

もし自分の要望が叶わなかったときは、その時の気持ちも、ちゃんと言葉にしてオッケー。

「そうなんだね、とっても残念だー!一緒に行きたかったからね」とか、「そうなんだね、ちょっとショックだけど仕方ないね」とか、「マジ?ちょっと今軽くパニック」とか、自分の今の状態を口にしてオッケーなんですよ。

そうやって自分の気持ちを自分がまず分かってあげる。

汲み取ってあげる。

受け止めてあげる。

この高い期待は、そもそも親に向けて持った期待がスタートです。

本来は自分がやらなければいけないことを、親が本当に色々やってくれたわけですね。

それが当り前だと思えるくらい、やってもらっていたわけです。

だとしたら本当は、自分こそが自分の期待(願い)を叶えてあげる必要があるってことなのです。

分かって欲しい、なら、自分が自分のことを分かってあげる。

評価して欲しい、なら、自分が自分のことをちゃんと評価してあげる。

受け止めて欲しい、なら、自分で自分を受け止めてあげる。

これをやってあげることで、無闇に人に求める事が少なくなって来ますからね!

その状態で、もし相手がやってくれたとしたらもう加点法になりますので喜び、爆誕します(笑)

①〜③をやってみて上手くいくならオッケー。

そして何より大事な事は「自分の要望は叶えられて当然だ」とか「言わなくても察するべきだ」という思い込みですね。

このチャイルドが持った思い込みを修正していく必要がなによりも必要になってきますね。

 

ー 期間限定小冊子プレゼント ー

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師