「素直」って一体なに?

​自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー主宰 湯川央恵です。

​素直とは何か?

普段湯川は「素直がお得」と伝えています。

でも言われたことを直ぐにやるのは、まるで自分の意見がなく言いなりになっているようだし、思考停止のような気もする、という方もおられるかもしれません。

そこで今日は「素直」と「言いなりになること」の違いを、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

​Dさんの事例

湯川の個別プログラム受講生のコミュニティで、Dさんがこんな投稿をされていました。
要約すると、、、

「ご主人から魚がさばけるといいよね」と言われた時
「スーパーで切り身にしてくれているんだし、そんなことをする必要性がないから、一生やらないよ」
と答えたそうです。

​それから約1年経ったある日、ちょっとやってみようかと思いYouTube動画を見てやってみたら、意外と簡単!
なめろうや南蛮漬けを作ったら、ご主人に殊の外、喜んでもらえたそうなんですね。

提案に対して頑なに否定するのではなく、ちょっとやってみる。
すると、自分の世界も広がるんだ!

このような気づきをアップされていました。

自分の発する言葉に自分が引っ張られてしまう

一般的に人は、自分の発する言葉に一貫性を保とうとします。
なので「一生やらない」と言い切っちゃうと、やれる機会があっても、自分の言ったことと矛盾するので、やることに抵抗感が出てしまうんですね。

​でも今回の場合は、ライトな案件だったことと、なによりDさんが柔軟で、ご主人もそれに対して責めることもなかった。むしろ喜んでおられたのは素敵!

で、話を元に戻すと、この場合、Dさんはご主人の言いなりになったのでしょうか?
私はそうは思いませんでした。

​ご主人から言われたことをさっくり否定されたことや「一生」という言葉を使われたことは、ツッコムところではありますが、少なくとも「ちょっとやってみよう」と思い、実践してみた。そしたら出来た。
それでご主人にほめられ、Dさんの世界が広がった。

素直の定義

ここで思ったのです。

「素直って、無駄な反発をしないこと」じゃないか、って。

​無駄な反発をしないと言う言葉からは、諦めるとか、ちょっとネガティブな感じがする人もいるかもしれません。ですがそういうことではないのです。

今回の場合で言うと、D さんが無駄な反発をせずに、ご主人から「さばけるといいね」と言われた時、
冷静に考えて
「できないより出来たほうが、何かと便利かも。」
「おまけにできた方が圧倒的に豊かだし、サッと捌けちゃうと、かっこいいかも」

そう思ったら、その意見に乗っかることは、何も言いなりではないですね。
むしろ「自分の成長&家族の喜びや豊かさ」につながります。

相手が何を言いたいのか?真意を知ろうとすること

相手の言い方にいちいち突っかかるのではなく

相手の言わんとしていることは一体何か?
何を言おうとしているのか?

それを分かろうとすると、無駄に反発する必要が無くなるんですね。
そしたら無駄に相手を不快にさせる必要もない。

​​だから諦めるとか、反対意見を言わない、ということではないんです。
そうじゃなく人から言われることに、瞬間的に反発したり、屁理屈を言って的外れなことを言うのではなく、​相手の言うことをキチンと聞いて

「それが出来たらいいかも」

「それが出来たらもっと幸せになるかも」と思うことなら

まずは「やってみる」ということじゃないかと思うのです。

​反対意見を言いたい時

​「出来たらいいけどメンドくさい」
と思うことなら、その「気持ち」を伝えればいいですね。
「それ面白いね!出来たらいいけど、今は超メンドくさいって思うんだよねー」でいいじゃないですか。

「無駄に反発せず」一旦受け止める。

これが、素直への一歩じゃないかと湯川は思います。

​なんかそう言ってる私がもしかして一番屁理屈なのかもしれません(汗)

ではまた!

 

​湯川央恵


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!