この世で一番難しいことと簡単なこと

この世で一番難しい事と簡単なこと

「この世で一番難しいこと」

この世で三番目に難しいのは、
人を許すことである。

この世で二番目に難しいのは、
ウソをつかないことである。

この世で一番難しいのは、
ウソをついている自分に気づくことである。


「この世で一番簡単なこと」

この世で三番目に簡単なのは、
人を責めることである。

この世で二番目に簡単なのは、
人のせいにすることである。

この世で一番簡単なのは、
人のせいにしていることに気づかないことである。

 

ウソをついている自分に気づく事が一番難しく、人のせいにしていることに気づかないのが、一番カンタンにやらかしてしまうこと。

いやー、マジその通りだなあって思います。

今日は詩編の紹介から始めてみました。

なぜ人のせいにしてはイケナイのか?その理由

さて、私のメルマガでも「人のせいにしない!」「自分で責任を負おう」ということを言ってますが、改めて、なんで人のせいにしないほうがいいんでしょうね?

今日はそのことについて、お伝えしたいと思います。

人のせいにしている間は、自分事として捉えられないので、同じような過ちを繰り返してしまう、ということがあります。

自分と他人の区別がつかない

でもね、もう少し違う観点から言うと『潜在意識は一人称しか理解出来ないから』
つまり「自分と他人の区別がつかない」ってことなんですね。

自分と他人の区別がつかないとどうなるか?

例えば誰かに対して「あの人はダメだ」「あの人はあんな間違いを犯した」と責めていると、潜在意識には「あの人」というものが認識できないので、全部「私」になってしまうわけです。

すると相手を責めれば責めるほどに「私はダメだ」「私はあんな間違いを犯した」ということになってしまうってこと。それって自分へのダメ出しが、どんどこ蓄積されてしまうんですよー。

結局、自分に帰って来る

他人への悪口や批判が多い方は、その言葉を発する度に、自分自身を否定し傷つけている、ということになります。

つまり、自分の出したものは、全部自分に帰っていく。ということなんですね。

一人称しか認識しないなら、思いっきり相手の美点を見て誉めてあげると、自分の潜在意識も「いいねえ〜」と勘違いしちゃうかもね。

どうしても相手を許せない時は

とは言え、どうしても相手の事が許せなーい!ということであれば、こういう言葉にすると如何でしょう?

「禿げればいいのに!」

死ねばいいのに。
不幸になればいいのに。
失敗すればいいのに。

こういう言葉はやはり重いし、自分に帰って来て欲しくはないですよね。

なので「禿げればいいのに」

これを言葉にすると、なんだか笑えて、怒りの気持ちもちょこっと緩みませんか?

相手を責めて無意識に自分を傷つけてしまうだなんて、勿体ない!ちょっとした工夫で、日々ご機嫌さんで過ごせたら何よりですよね!

ではまたー!

 

 

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、フラクタル、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。