女性としての誇り、大らかさ、天真爛漫さを取り戻しましょう

目指しているものは「霊性の向上」

湯川です。
先日チームメンバーの大城セラピスト、本田セラピストと新大阪で打合せをしました。

その時に大城セラピストから、こんなことを質問されたんですね。
「湯川さんは今の仕事を通じて何を目指してますか?」と。

少し時間を置いて、ぽつりと言ったのがコレ。

「霊性の向上」、だと思う。

だと思う、と言うところが自信なさげで笑えます。

ただ、過去のメルマガを読み返してみると、2015年にも、そういうことをちゃんと言ってました!(どや)

改めて読み返して、自分の中で何度も何度も反芻しました。そして自分の中でやはり確信したので、今日のブログで改めて皆さんにお伝えしようと思います。

目に見える結果の先にあるもの

現在、湯川のプログラムには大きく分けて2種類があります。

1つは恋愛や夫婦関係を、より良くしていきたい方向けの、マンツーマンで行う3ヶ月集中プログラム【DMC】と、

もう1つは心理セラピストやカウンセラー対象の、プロ向けのプログラム【セラリブ】。

 

3ヶ月集中プログラムを受講された方が、依存から自立にシフト出来た事で、
結婚が決まった、とか、
夫婦関係が良くなった、
子どもにも怒鳴り散らすことがウンと減った。
仕事も自ら主体的にやるようになって年収が上がった。などというお声をよく頂きます。

またカウンセラーなど、対人支援をプロでやっておられるかたは、今個別でやっているマンツーマンセラリブを受講してから様々な案件に自信が持てるようになった、自分自身がブレなくなったという声も頂いています。

それはそれで本当に嬉しいこと!
やってて良かったー!と心から思えます。

でもそれはまだ、途中経過なのです。

むしろ私自身が目指しているのはその先。

女性性と男性性の融合

真に自立した女性とは、女性の中にある女性性と男性性を、バランス良く持っている人のこと。

女性性とは「育む、受入れる、調和、産み出す」という資質で、ここには「癒しや包み込み」のエネルギーがあります。

一方男性性というのは「責任、行動、判断、分ける」という資質で「突き進む」という前進のエネルギーなんですね。

この二つの資質を、男性であっても女性性と男性性両方を持ち、女性であっても男性性と女性性の両方を持つ、ということ。

問題が起きているときって、どちらかに偏り過ぎている時なんだと思うのです。

女性性を発揮するとは?

本当の女性性とは、キレイにメイクすることでも無ければ、男性受けするようなしぐさや服装、髪型でもないのです。

男性に迎合する生き方でもなく、逆に支配するような生き方でもない。

よく言われる「女性として生まれたことを楽しむ」ということでもない。

 

本当の女性性を発揮するとは、そういうことではなく

真なる賢さ、強さ、しなやかさを発揮していくこと。

女性性ーかつて女神だった時代を想い出すこと

私達女性は、かつて女神であった時代がありました。


出典:https://www.google.co.jp

国を創っていく男を産み

国を平らかに治める女を産み

凛々しく、立派に育て上げてきたブレない強さと、賢さがあったということ。

 

それはまさに女性性と男性性がバランスよく発揮され融合した姿。だからその資質は女性だけにあるものではなく、男性にも同じく備わっているもの。

それを男女共に、思い出すこと。

「男は強くあらねば」

「女々しい男はダメだ」

「女は優しくあらねば」

などと社会の常識に囚われて、苦しんでいる人が、どれ程多いか。そして、お互い苦しいもの同士が、お互いの霊性を潰しあっている。

まずは女性が、本当の女性性に目覚めること。
真なる賢さ、強さ、しなやかさを堂々と発揮していくこと。自分自身を育て、子どもをしっかり育てること。そしてパートナーを尊重すること。

そして男性は、女性の力を借りることは、男として何一つ価値を損なうものでは無いことを知ること。

育て尊重するためには、砂糖菓子のように甘い愛ではなく

自分と相手を活かすための厳しい愛も、また同時に求められるのです。

そのことによって、男性性と女性性、陰と陽のバランスの取れた世界が生まれるのだと思う。

女性としての大らかさ、天真爛漫さを取り戻す

私個人としては、このことをやっていく中で、かつて私達が忘れていた【誇りを取り戻す】ことに繋がるのではないかと。

自分が自分として生まれてきた誇りを。

女性としての誇りを。誇りだけじゃないですね。女性としての大らかさを。天真爛漫さを。それらを取り戻していくこと。

それが霊性の向上に、繋がっていくのだと思っています。

私の仕事は突き詰めれば、ここに行き当たるのだと思う。

そしてようやく私自身も、このステージにメンバーさんを連れていく準備が整い、メンバーさん自身も、そこに向かう準備が整ってきたのだと感じています。

正直、ドキドキしています。いよいよだ!って思っています。

新しいステージへ!一緒に参りましょう!

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、フラクタル、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。