完璧主義をやめると、人生の幅が広がります

完璧主義は進歩がない

湯川は独身の頃、仕事帰りに毎日飲んで帰っていた時代がありました。

毎晩9時や10時ごろに仕事が終わり、そこから食事も兼ねて飲み出すので、
相当不健康な生活を送っていましたね。

 

当時は肌もガサガサで冷え性。
便秘もヒドかったですね。

ある日、一念発起して
「これからは真っ直ぐ家に帰る!」と決めるのですが
大変な仕事をやり終えた日、
頑張った日、
ボランティアをやった日などは
「今日は特別!」
などと言って、決めたことを破ってしまうんですね。

 

そして「頑張った自分へのご褒美♪」と、景気良く飲み、
結果今までよりもウンと飲みすぎてしまう・・・。

 

すると、今度はどういう思考になるか?
「一回飲んじゃったんだから、もう一緒だわ♡」

などと思い、その日から「なし崩し」で元に戻ってしまうというパターン・・・。

 

いやー、これ何度繰り返してきたか!
自ら自滅していくパターンですね。
お恥ずかしい限りです・・・(苦笑)

 

こういう時、自分を責めてしまいがちだと思うのですが・・・。
安心してください!
それは自分が悪いからでも、意思が弱いからでもないんです!
あぁ、決して自分がそうだったから言ってるのではないのですよ(汗)

程度の差はあれど
皆、やってしまうことなんです!!

 

それをことさらに自分を責め

「なんて意思が弱いんだ!」
「なんて自分はダメなヤツなんだ!」
「自分はバカだ!」
「こんなことでは、これから先やっていけない」

などと自己批判するから、余計にやる気が無くなってしまうってこと!

 

なので、
やってしまったことは、やってしまったこととして潔く認め、
その上で自分を責めすぎない。
腐らず再開すること。
これ大事な考え方です。

でないと「完全」でなければ「ダメ」もしくは「負け」だ、
ということになるわけです。

 

それって幸せになる考え方じゃないですよね〜。
些細な成果や進歩は「認められない」し「ダメ」なこと。
「完璧」「完全」でないと「意味がない!」になってしまう。

 

こんな完璧主義に陥ってしまうと、結局のところ、進歩がないのです。

「完璧主義ほど基準の低いものはない」

この言葉はジェームス・スキナー氏が言ってた言葉。
15年程前に初めて聞いた時、衝撃を受けましたね。

 

完璧主義よりチャレンジを

何かをしようと思った時に準備をするのは当然なのですが、
準備ってどこまでやっても、正直キリが無い訳です。

あとは「勇気」だけの問題だったりするんですよね。

 

でも
「自信がないからもう少し準備する」とか
「完璧じゃないから、もうやめる」などと言ってると、
「自信のあること」や「出来る」と思うことしか、やりたくなくなります。

 

自信のあることや出来ることって、
過去の自分の参照枠で考えているわけです。

過去にやってことがあるから出来るだろう。
過去に行ったことがあるから行けるだろう。
過去に出来たから、今回も出来るだろう。

そうやって自信があるか無いかを基準にしていると、どうなるか?

 

あなたの人生は
過去の延長でしかないってこと!!

 

占い師に見てもらう必要もなければ、
目標を立てる必要もありません。
あなたの人生は
過去の焼き写しの未来でしかない、ということなのです。

こんな寂しいことってないですよ。

 

パートナーであれ、価値観が違ってアタリマエ

以前私のところに、夫婦の価値観が合わないと
相談に来られた方がいらっしゃいました。

特に子供の教育について
夫婦で意見が分かれるようで悩んでおられたんですね。

確かに子供のことで意見が分かれてしまうと、
どうしたらいいのか困ってしまう気持ちは、よく分かります。

 

一般的に
「 子育てにおいて父親と母親の意見が一致しているほうが望ましい」
と思われているフシはあります。
夫婦で子供にテンでバラバラなことを言うと子供が混乱する、
という意味でしょうが、私はそうは思わないんですよね。

うちも実は子供が小さい頃、
私と夫と教育方針が違っていたんですね。

私は習い事でもやりたいと言うことは、何でもやらせてあげたいと思う方。
一方、夫は習い事なんて何ひとつ不要!
子供はわんぱくが一番!という価値観の人。

これをどちらか一方に合わせようとすると、
しんどいし問題が起きる訳です。

 

なので我が家はどうしたかと言うと、
そのまま子供に伝えました。

「お母さんは○○と思う。そしてお父さんは△△だと思っている。
どっちを選んでもいいよ」と。

 

すると子供は自分なりに考えて答えを出してくるんですね。

価値観って合わないと苦しいワケでも、困るワケでもない。
合わなければ、それだけ選択肢が増えるってことだから。

つまり合っていると、それしか選択肢が無くなる。
子供にとってそれが受け入れられることならいいけど、
そうじゃなかったら悲劇です(苦笑)

 

なので何もかも一緒ではなく、
違いを楽しめる余裕が持てると、
違えば違うほど、選択肢も自分の幅も広がるってこと!!

 

これは子育てだけじゃないですね。
恋人同士でも
「彼と価値観が違う」ということで悩む必要は全くないのです。

違っていいんですよ。

一緒でないとダメと思うことに、 そもそも無理があることを知って下さいね。
一人一人育った環境も、受けてきた教育も違うわけです。

 

勝手に完璧主義に陥って自滅しない!

つまり今日言いたかった大事なことは、
完璧主義に陥って、ちょっとうまく行かないだけで
勝手に「自滅しない!」ってこと!「諦めない!」ってこと。

上がったり下がったりしながらでも、
少しづつ前に進んでいけばいい!

長い人生、全ては「途中経過」なんですよ!

諦めかけていた、そこのあなた♡
仕切り直して、再び顔を上げてやっていきましょう!

 

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。