今日からファスティングを行っています。
今日一日で口にしたのは酵素ドリンクと、梅干しをお湯に入れた梅湯。
ファスティング中はこの梅湯タイムが至福の時なのですよ〜。
shutterstock_1179196213.jpg
さてコロナで子供と一緒にいる時間が激増。
そのせいで子供にイライラしっぱなし、なんてことになっていないでしょうか?
パートナーシップ心理学アカデミー受講生のTさんも、まさにその状態でした。
Tさんのお子さんは小学1年生。
支援学級を使っている子供に対し
「勉強をちゃんとやっている?」「汚い字で書いていない?」「食べこぼしてない?」など、
まるで「子供を見張っている」ようなんです、と。
いつも子供に対して
「何でこんな事も出来ないの!」
「何回言えば分かるの!」
「いい加減にしてよ!」と思ってしまうTさんは、そんな自分にウンザリした様子でした。
一体どうしたらいいのでしょうね。
 
以下、セッションでの湯川とのやり取りになります。

湯川
「お子さんを見てTさんはどんな気持ちになりますか?」
Tさん
「そうですね、子供がちゃんと出来ない事で
何か“バカにされる”とか
“邪魔される”というような気持ちが湧いてきます」

ーここからその思いを感じた子供の頃に誘導ー

Tさん
「うーん、すごく悔しがっている2歳の自分がいますね。
ああ7歳と5歳の兄と一緒に遊びに行けなかったんです。
それを心底悔しがってます」
湯川
「ほお、一緒に行けなかったんですね」
 
Tさん
「そうです、行きたかったのに
母が“あなたは小さいからまだ無理”と言って止めたんですよ。」
湯川「そうなんですね」
Tさん
「ええ、スゴく悔しかった。バカにするな!って思ってましたね」

661e2d155ebda60fbdf1c64817f13498_s.jpg
 
ここで「一緒に行けずに悲しい」というのではなく
なぜ「バカにするな!」になるのか?ということ。
ここがポイントですね。
 
さあ続きを見て見ましょう。
 

湯川
「うん、そうなんですね。他にもありますか?」
Tさん
「あー、祖父母が沖縄旅行に兄達を連れて行ったのに
2歳の私だけは連れて行ってもらえなかった。
自宅で私と親の3人だけが留守番になった!」
湯川
「そうでしたか。その時どう思ったんですか?」
Tさん
「はい、やっぱりバカにするな!邪魔するな!
私だって兄と同じように出来る!と思ってましたね。
すごくすごく悔しかった」

 
ここでTさんから
「バカにするな!邪魔するな」という思いが出てきました。
 
さてここからどうなったのでしょう?
続きはこちらから

【中編】コロナ禍!きょうだいをバカにし見下す心理


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!