一気に梅雨明け!
今日は真夏のような日差しでしたねー。みなさんのお住まいのところは如何ですか?


パートナーシップ心理学アカデミー 代表 湯川央恵です。

近所の海は、もう泳いでいる人がいましたよ〜。

意見の対立ーゴリ押ししても双方が辛いだけ

さて、今日は7つの習慣勉強会の打ち合わせの時の話を、みなさんにもシェアしますね。

パートナーや会社でも、意見が対立した時に、即使えるアイデアです

私たちはそれぞれ、自分自身の思いやニーズがあります。
自分のことは誰しも可愛いから、自分のニーズや思いは満たしたい。

​それは誰もが思うことですよね!

​​日常、パートナーとの関係で、意見の相違や、なかなか折り合えないことなんて、普通にあること。

その度に
「私の気持ちを何でわかってくれないの!」と相手に自分の要望をゴリ押ししたり、
また逆に押し付けられたりだと、二人の関係は「我慢するか、させるか」の2択になってしまいます。

​それってすごいしんどいですよ。

どちらかが常に我慢だと関係は破綻

絶対負けるもんか!と思うと、
常にファイティングポーズの関係性になっちゃう〜!

いやー、大変!

それにどちらかが、いつも我慢しないといけない関係って
いづれどこかで破綻してしまいますよね。

意見の対立時に使う言葉

じゃあ「意見の対立があった時」​どうしたらいいのでしょう?

​実はたったこれだけ!

お互いの意見が折り合えない時
「私たち」という言葉を使います。以上!

え?と思われました?笑

対立時に使う「私たち」​使い方の例

意見が折り合わない時につかいがちなのが
「私の気持ちはどうなんのよ!」とか
「あなたはいつもそうよ!」と言うように

「私」と「あなた」という「分離した言葉」をつかいがちなんですねー。

なので、対立した時には、あえて「私たち」という言葉を使います。

「私たちにとって、どうなるのが一番ベスト?」
「私たちにとって、共通のゴールって何だっけ?」
「私たちが、大事にしている価値観って何?」

このように言うんですねー。

​どうでしょう?こういうと「二人にとってベストな解」が見つかりそうに思いませんか?
それに、自分の意見を、押し付ける感じが見事に消えますよね。

対立から生まれるアイデアー第3の道

自分が我慢するのでもないし、相手に我慢させるのでもない。

お互いのニーズの違いはあれど、それを踏まえた第3のアイデアが生まれやすいんですよね。

最初にお互いが思っていた意見を上回る、ずっといいアイデアです。

また「勝った、負けた」という目先のことから、お互いがそもそも大事にしていることを
「思い出させる質問」でもあるわけ。​

対立から第3のアイデアが出る前提を押さえる

この言葉を使ってうまくいくポイントがあります。

それは
必ず第3のアイデアがあるはず!
という思いを自分がどれだけ持てるか?

これが前提であり、アイデアがでるポイントでもあります。


言葉だけ「私たち」と言いながら
内心「自分の意見を通したい」なんて思っていたら、そんなのは言葉だけで、全くアイデアなんぞ出ませんからね!

意見が対立した時ー​まとめ

​このアイデア出しは、楽しんでやるのがコツ。
二人にとっての唯一の正解ではなく、あくまでもアイデア。

なので突飛な意見ほど面白いかもね〜!

眉間に皺よせて
「私たちの共通のゴールは?」なんて言われても、ただ怖いだけですから笑

ということで今日のブログは、めっちゃお気楽ブログでした!

実際にやってみての感想があれば、是非教えてくださいね!!

​ではまた!

湯川央恵


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!