先日は部下の成功に、妬ましい思いを抱えておられた、Hさんの事例をお伝えしました。

単純に部下との関係性、ということより
むしろ妬ましさの奥にある「自分には価値がない」という思いと、弟への嫉妬心がネックになっていた所までを、お話をしましたね。
読んでおられない方はこちらから。

部下の成功が妬ましいー母親から見たHさん

さて、そんな思いを持っていたHさん。

お母さんから見ると、どう見えていたのでしょう?

セッションでは相手から見た自分、というのを体感していただきます。

長女で頑張り屋さんで、弟の面倒もよく見てくれていた。
もちろん良いことばかりじゃなく、弟を陰でいじめていたことも、ちゃんとわかってた。

​でも、それでも姉として弟を守り、世話もしていたし
甘えたい思いもグッと堪えながら、
勉強もスポーツも人一番頑張って結果を出していたね。

だからこそ親は信頼していたのです。

いちいちHさんに何も言わなかったのは、信頼していたからこそ

​妬ましさの根っこ

弟はまだ小さいから手がかかる。

弟の方が可愛くてHさんが可愛くない、なんてことはなかったのです。
Hさんも小さい頃は、同じようにやってもらっていたのです。​

何よりも子供を自立させることが、親の最大の愛だから。

​世話され続けることが愛ではなく、自立させるために、世話が減っていくことが親の圧倒的な愛

そのことをHさんは、わかっていなかったんですね。

欲しくてやまないものこそ、ずっと与えられていた

お母さんは十分愛してくれていたのです。でも「自分の思うように」ではなかった、ということ。

欲しかったはずの愛は、ずっとずっと自分のすぐそばにあったのです。

​なのに、自分は「ない」と思い込んでいた。

​だから「価値のある自分になって愛を得よう」と思い、これまでの自分の人生
ずっとガムシャラにやってきたのです。

それに気づいたHさん。

もう涙が止まりません。

​ネガティブな感情の取り扱い方

そもそもHさんは、部下の成功に嫉妬していました。

その嫉妬をないものにしたり、エセポジティブで誤魔化したりしていると
この宝物に行きつきませんでした。

​ずっと「無い」と思って、欲しくてやまなかったものが、実はずっとずっと与えられていたことに。

どんな感情も悪いものはない

どす黒い感情は「ダメ」と否定するのではなく
「ダメでもいいんだ!」とポジティブに捉えようとするのでもないのです。

​「自分はこれをダメだと思っていたんだ」
それを受け止めることなんです。

​傷口がヒリヒリすることかもしれません。
認めたくもないことかもしれません。

何よりも怖いですよね。

​ダメな自分を克服するメリットとデメリット

​多くは、自分の痛みに触れないように、誤魔化したり、
Hさんのように、価値のない自分にならないよう、ダメな自分にならないよう、駆り立てられるように努力するんですね。

そのことで力もつくし、周りからも認められ、自己効力感も得られます。

一定のところまでは功を奏すのですが、ある程度のところにくると、
今度はそれが効かなくなる時が必ずやってきます。​

理由はその努力の根っこは「自分は価値がない」からスタートしているから

だからどうやっても「価値がない自分」に戻ってしまうわけです。

​その時こそ、自分の感情に蓋をせず、誤魔化さないでしっかり見ていくこと。そして気づくこと。​

誰にも知られたくないような、どす黒い感情が湧いた時や、モヤモヤやイライラした時など
ネガティブな感情になった時こそ、大チャンスなの!!

​どす黒い感情は「宝箱の鍵」ってことですからね!!

​​

湯川央恵

嫉妬心についてはこんな記事も参考になります。


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!