「わたしのキモチを分かって!」と叫んでいるあなたへ…

どうして伝わらないんだろう…

彼と久しぶりのデート。

海が見えるステキなレストランに入り、テラス席に並んで座った。

真っ赤な夕焼けが海に沈んでいく。

やさしい海風を頬に受けながら、二人で乾杯。

 

ところが食事の最中、些細なことで言い合いが始まった。

折角のデートが、だんだんそれどころじゃ無くなってくる。

 

「あのね、私が言いたいことはそういうことじゃないの・・・。」

そう言うと彼は面倒くさそうに

「ああ、もういい。もう、分かった。」

 

まただ。最近いつもこのパターン。

こうやっていつも彼は逃げる。

 

「だからね、そうやって逃げないでよ!私の話しもちゃんと聞いて!」

思わず声のトーンがあがる。

他のテーブルのカップル達が、一斉にこちらを見た。

「逃げてないよ。もう聞きたくないんだ。もういいだろ!」

 

ここで終われば、今ならまだ間に合う。

アタマでは分かっているのに、どうしても止められない。

「あなたが良くっても、私は良くないの!ちゃんと話しを聞いて!」

 

そう私が言うやいなや、彼はこちらを睨みつけ

「もういい加減にしろよ!」

 

テーブルを思いっきり叩くと、

1万円札をこちらに投げ、ぷいとお店を出て行った。

 

まただ・・・。

何でいつもこうなるんだろう・・・。

 

何で私の言いたいことを分かってくれないんだろう。

どうしてこんなにも伝わらないんだろう。

 

それは “押し付け” があるから

今日の物語の主人公はU子さん。

3年前に離婚後、新しい彼が出来たU子さんの事例から学びたいと思います。

 

ここでのポイントは何か!

ズバリ言うとコレ!

「私のこと、わかって!!」が強すぎるということ。

「湯川さん、違います。私は自分の気持ちを大事にしてるだけなのです」

 

そんな風に思っていたら、それは大いなる勘違いですから~!(爆)

これは自分の気持ちを分かって欲しいというのを、ただ「押し付けているだけ」ということなんですね。

自分が何を言うかは確かに自由。

しかしその結果をコントロールしたら、それは「押しつけ」

自分の言動は100%自分の自由意志が認められているのと同じように

相手の言動は100%相手の自由に任されています。

 

ここで相手が分かってくれていなからといって、追いかけ回して

自分の気持ちを「わかって!」と押し付けてしまっては、相手に取って重荷になるばかり。

こーゆー時はちょっと時間をあけて、あらためてお互い冷静になってから話せばいいのです。

 

“わかって” が強すぎると戦いになる

それができずに「わかって!」が強いと、【攻撃】されたように感じるんですね。

するとどうなるか?

戦うか!もしくは逃げるか!しかなくなります。

 

でもほとんどの男性は、戦いたいとは思っていないんですね。

やはり女性のことを大事にしたいのです。

なので撤収するわけです。

それを「逃げている!」と言われると、攻撃に転じるしかなくなってしまいますね。

 

なので大事なことは、

わかって!が過ぎるのは、

相手を攻撃していることと同じことだと知ること。

どうしても「わかって!」やめられないのは、相手に問題があるのではなく、あなたの問題です。

自分がコントロール出来ることと出来ないことを明確にする

ではここで、“わかって” から卒業するためのアドバイスをしたいと思います。

それは、自分がコントロール出来る事と出来ない事を明確にする、ということ。

そしてコントロールできる部分に集中する、ということです。

 

ここがごちゃごちゃになっている人が多い!

 

コントロール出来ない最たる物は「過去」と「他人」と言われていますね。

でも私は「過去」は変えられると思っているんですよ。それについては、また次の機会にお伝えするとして。。。

 

相手の反応や行動のコントロール権は、相手にある

例えば・・・

相手のことをしてあげたのに、感謝どころか、何も無かった。
なぐさめてくれると思ったら、いい加減にしてくれと言われた。
誉められると思ったら、努力が足りないと言われた。
大事にしてくれると思ったら、軽く扱われた。
謝ってくれると思ったら、逆にキレられた。

 

このように、相手が自分の思うような反応をしてくれないときって、往々にしてありますよね。

そもそもコントロール出来ないものなので、それをなんとかしようとするのは無理な話なんですね。

さっさと諦めましょう~。

コントロールしたいのは “期待” があるから

これらは、すべて相手がこうしてくれるはずという「期待」があるから。

それも勝手なが頭につきます。

 

でも「期待通り」にしてくれないからと言って、相手を責めているのは、子どもと同じ。

「おもちゃ買って~!」とダダをこねている3歳児とそう変わらないのです。(坊です、坊!)

 

幼い頃、あなたが本当に欲しかった親からの愛情や関心、それらを、あの頃と同じやり方で繰り返してしまっているだけなのです。

 

相手が思い通りに反応しない事でイライラしたり、相手を思い通りに動かそうと脅したり、被害者ぶったりしてしまった時は・・・

自分が諦めていない、執着している気持ちを、相手を使って挽回しようとしていることに気づいてください。

 

相手の反応はコントロール出来ない、ということ。

 

コントロールしようとしてたなら、それを手放すということ。

「諦める」ということなのです。

コントロール出来ないものに心を焦がしているのは、エネルギーの無駄遣いです~。

コントロール出来るものは何か?それに集中していきましょうね。

 

そう、今この瞬間のあなたの表情。これは今すぐコントロールできますね。

眉間にしわを寄せていたら、にっこりほほえんでみましょ。

 

そして大事なのは、相手にも自分にも、100%を求めないってこと。

 

「折り合いをつける」

「妥協点を見つける」

ということが大事なのです。

 

往々にして私たちは、自分のことは棚に上げながら、相手には過大な要求をしてしまっています。

ともすれば、ゼロか100か、黒か白か、やるかやられるか、という二元思考に陥りがちな私たちですから。ここは、要注意ですね!

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師