自分の本音って
自分が一番わかっていないのかもね!

​こんにちは。パートナーシップ心理学アカデミー代表 湯川央恵です。​

昨日配信した「自分は絶対悪くない!被害者に収まっている人ほど話を盛る」は、お読みいただけましたでしょうか?

まだの方はこちらからどうぞ!

湯川がUさんの言葉で気になったのは、これ

「夫婦っていたわりあうもの」この言葉です。

​​今日は引き続き、Uさんの事例を紐解きながら「自分の本音に気づく方法」についてお伝えしていきたいと思います。

自分のホントの気持ちに気づくまでのプロセスが、よーくわかると思いますよ笑


​自分の本音を知るには抽象度の高い言葉を確認すること①

さて、この「いたわりあう」という言葉。

分かるような、分からないような。

​人によって解釈が大いに変わる、抽象度の高い言葉ですね。こういう言葉は、よくよく確認しないとイケませぬ。

抽象度の高い言葉を具体化させる

なので、Uさんにとって”いたわりあう”とは具体的にどういうことなのかと聞きました。

すると「我慢することなく、自分の言いたいことを言い合えて、やりたいことができる関係」と。

 

なるほど。
つまり「言いたいことも、やりたいことも、我慢せずにいられる関係が、いたわりあえる関係」だということ?

笑顔でうなづくUさん。

​​矛盾点を明確にする

でもね、冷静に考えてみると、おかしいと思いませんか?​

お互い言いたいことを言って、やりたいことやっていたら、どうなるでしょう?

むしろ血みどろの戦いになってしまいますよね?​

それに今Uさんは、夫から言いたいことを言われて、自分は我慢ばかりしているわけです。そのせいで苦しんでおられる。

だとしたら???

「夫婦でいたわりあう」

これはUさんが望んでいた関係ではなかった!ってことになります。​

本当に欲しいものが見えてくる

つまりUさんの本音はこっち。​​

私が言いたいことが言えて、私がやりたいことも我慢せずにいれる関係」
これがUさんが「夫に望む愛」だったわけです。​

それをUさんに伝えると苦笑い。「確かに私、そう思ってますね。」と。


ここまで掘り下げないと、自分の本音ってなかなか分かりません。

まさか自分の本音は、そんな無茶なことを願っているだなんて思いもしないわけ。

​わからないから「夫婦なのに、いたわりあえない夫はおかしい!」などと、全くズレたことを思っちゃうわけですね。

これじゃあ現実が変わらないのは当たり前。

​自分の本音を知るには抽象度の高い言葉を確認すること②

​こんな風に抽象度の高い言葉は他にもたくさんあります。

例えば「愛」「浮気」「自由」「失敗」「成功」「分かってもらう」「理解してもらう」「受け入れてもらう」・・・。​

これらを「自分の場合は、どういう意味で使っているのか?」を、一度ノートに書き出して見ましょう。

すると自分の隠れた「本音」が見えてきますからね!​

◉ホームワーク◉

特におすすめなのが「愛」について書き出してみることです。

自分にとって「愛された」と思うのはどういう時なのか?

そういうのを書き出していくと、Uさん同様、びっくりする本音が炙り出されてくると思います。

 

その本音が正当性のあるものなのか?

自分もそれを求められてできるのか?

そんなところを冷静に考えてみるといいですね。


​さて続きはUさんの夫から見た視点についてお伝えしていきますよ!

大どんでん返しが待っています!こちらからどうぞ!


湯川央恵


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!