パートナーシップ心理学アカデミー メルマガ月曜日担当 大城悦子です。

早いもので、2月も今日で終わりですね。

新年に立てた誓いも、早忘却の彼方…になってないでしょうか(笑)

もしそうなっているとしたら、ちょっと私の昔話から、新年の気持ちを思い出していただけるといいですね。

ウン十年前、私がスノーボードを始めた時のことです。

コーチをしてくれた友人が最初に教えてくれたこと。それはこけ方でもブーツの履き方でもなく、たった二つのことでした。

「行きたい方向を見る。」「ボードで滑る。」

これだけ!

 

超初心者の私は生意気にも「それぐらいわかっとるわーーーい!」と思っていました。

​でも実際滑りだしてみると、それが何より大切なことだとわかってきました。

 

こけるかもしれないと足元ばかりを見ていたら必ずこけました。

あのスキーヤーにぶつかるかもしれないと、スキーヤーを見ていたら必ずぶつかるんです。

そのたびに友人はターンの仕方や技術ではなく「行きたい方向を見て!!」と言ってたんですね。

 

加重がどうだの、ターンがどうだのは、行きたい方向を見ていない状態では何の意味もないことを上手い人は知っているんです。

いくら技術を教えても目線が足元や障害物に向いていては、そこ以外には絶対に進めないからです。

 

そしてもう一つの教え「ボードで滑る。」

これには続きがあります。​

「ボード【が】滑るんじゃなく、ボード【で】あなた【が】滑るんだよ。」

こわいと思うと体が後傾してしまって履いているスノーボードが先行してしまいます。そして見事に大コケしてしまう。

 

これはボードに主導権が渡って制御不能の状態です。

ボードが滑るとこうなってしまう。​

そうではなくて、私がボードで行きたい方向に進む。

それが腑に落ちると不思議なことに、自然と体が安定し滑ることができるようになるんです。

もちろん「単に前に進む」レベルですが、これが身についてこそ「ターンの仕方」や「体重移動」といった技術的なことが生きてくるのだと思います。

そしてそして、これは人生でも同じことが言えるのです。

あなたが自分の行きたい方向を見ること。

そうしない限り、自分の目指す方向、場所に向かうことはありません。

 

「こうなりたくない」ばかりを考えてると、目線はそちらを向いています。

あとはオートラン。見た方向に見事に進んでいってしまうんですね。

良くない方向に舵を切りながら、風水や占いで運気をあげようとしても旅行や買い物でリフレッシュしようとしても意味はないんです。根本的には何も変わらない。

それよりも、あなたが行きたい方向に目線を向ければいいのです。

不安に背を向けるのはこわいかもしれません。

でもこわいと思ったら腰が引けて、途端にコントロールを失ってしまう。

これもスノーボードと同じです、​

 

こわいからと誰かや何かに自分の人生の主導権を渡しているから、制御ができなくなっているのです。

誰かがあなたを幸せにするのではなく、あなたが自分を幸せに連れていく。

それだけで景色はガラリと変わります。

2月28日 新年から2か月。

新年にあなたが見た方向に向いていますか?

明日からの3月、また行きたい方向を見て進めるといいですね。

 

​今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

 

大城悦子


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!