今日は娘の結婚式にまつわる「夫」の話をさせてください。

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー 主宰 湯川央恵です。

娘がつくった貯金箱

娘の結婚式の数日前、夫から包みを渡されました。ズッシリとした重み。
中を開けて見ると、そこには懐かしいものが。

娘が小学生の頃に夏休みの宿題で作った貯金箱でした。花火が一面に描かれたもので、私も少し手伝ったのでよく覚えています。

私:「えっ!?これ、ずっと持っていたの?」

夫:「そう。〇〇(娘の名前)が嫁にいく時に渡そうと思って、コツコツ貯めていた」

私はもうびっくり!

よく見ると、びっしりお金が詰まっています。
投入口には、入りきらない紙幣が飛び出していました。

まさか娘が小さな頃に作った貯金箱を、そういう思いで貯めていたとは!

小さい貯金箱なので、すぐにいっぱいになったはず。
それを使うことなく、20年近く大切に保管していたことに、胸がいっぱいになりました。

父親不在の結婚式

実は夫は、娘の結婚式に出なかったのです。

4097759_s.jpg

夫は地元で小さいながら3代続く会社の代表。
たとえ娘の結婚式とはいえ、緊急事態宣言中の東京に行くことで感染するリスクもある。

最悪、夫の会社がクラスターになってしまう危険性もゼロではない。
そのリスクが1%でもあるなら、代表として参加するわけにはいかない、という苦渋の決断でした。

最初それと聞いた時「マジですか!?」と正直思いましたよ。

しかし夫の仕事は、私のように完全リモートでできる仕事とは違いますし、関わるスタッフやお客様の人数も、全く違う。
だとしたら、たとえ娘の結婚式といえども、リスクを最小限に抑えるのが経営者のつとめであると理解は、しておりました。また、娘夫婦や新郎側のご両親も、夫の事情を理解してくれていました。

でも、、、
私自身の心の中では、スッキリしないものがあったのは事実です。

「なんで!?娘の結婚式だよ!!!」って。

しかし、この貯金箱を見て一瞬で気づいたのです。
夫の思いが、どれほどの深い愛に裏打ちされていたかに。
心が打ち震えました。

娘のことを想うことに費やした年月の重さこそが親の愛

結婚式に行けたら、そりゃそれに越したことはない。夫も、もちろん行きたかったはず。
でも苦しい決断をしなければならなかった夫の気持ち。

図11.png

行く行かないという、そんな表面的なことではない。

娘の成長を喜びながら、まだ見ぬ嫁ぐ日のことを考えては
貯金箱にお金を入れ、大切に持ってくれていただなんて…。

そして途中で使うこともなく、入りきらないほどのお金を入れて、父としての思いとともに、娘に渡すことができただなんて。

もちろん娘には、別でまとまったお金はお祝いとして渡しています。この貯金箱はおそらく数万円くらいのものだと思います。

でも金額じゃないですよ。

そこに費やした年月の重さこそが、親の愛 なのだと思いました。

来る日も来る日も、家族を養い続けること。
これに勝る親の愛はありません。

でも私たちはついつい親には
「育てることはアタリマエ!」「むしろ親なら育てる以上のことをするべき」と、思いがちなのですよね。

結婚式に行く行かないに、こだわっていた自分が、なんて薄っぺらだったのだろうって思いましたね。

そしてそんな思いのこもった古い貯金箱を見て、娘はどう思ったのか。
それはわかりません。

ですが、これから新生活を送る娘に、最高の花向けのギフトになったと思っています。

four-leaf-clover-happiness.jpg

娘もまた親になるのでしょう。
そして子供が結婚する日を迎える時、今、思う以上にこの出来事のことを深く理解できるのだと思います。

 

さて、娘に渡した貯金箱。
飛び出ていた紙幣は、早々に取って使ったみたいでした(笑)

IMG_2158.jpg

こちら紙幣を取った後の写真です。取る前に撮影して欲しかった(笑)

 

湯川央恵


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!