話せば分かると思ってません?

​自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!パートナーシップ心理学アカデミー 主宰 湯川央恵です。

話しても分かり合えない人の持つ前提

普段、皆さんからよく聞くのが、「話しても、わかってもらえないんです」と言う言葉。

​これね、よーく聞くと「話せば自分の主張が通る」前提ありきの「わかってもらえない」なんですね。

つまり、あくまでも、自分の主張は通るものだと思っているし、あくまでも、自分は正しいし、あくまでも、自分は変わらなくていい。そういうスタンスなんですね(笑)

これでは、いくら話し合ったとしても、話は平行線のまま。

話し合うとは、自分の言いたいことを、言いたいように、言うことではありません。

相手を自分の望むように変えようとすることでもない。​それらはむしろ「暴力」ですね。

​話し合うために持っておくべき前提

まず、話し合うために理解しておくべき、前提条件をお伝えします。

​それは「相手とあなたは違う」ということ。

「当たり前ですやん、湯川さん何言っちゃってんの?」と思ったかもしれません。

そうなんです、ほんと当たり前のことなんです。

​でもそれが近しい人、つまりパートナーや子供、親、信頼している友人などには、機能していなくないですか?

自分と意見が違うと「なんで?!」「おかしいだろう!」「普通は、常識は、」などと自分と同じ意見であることを強要してしまうんですね。

それでもわからないと「相手は間違っている!」などと思ってしまう・・・。

こうして善悪や正誤、優劣というような、白黒思考の二元論で戦っちゃうわけ。

こうなると、より口数の多い方や、声の大きい方が勝ってしまうんですね。残念ながら、こういう戦いって繰り返します

「話し合う」の本当の意味​

大事なことは「自分と相手とは違う存在なのだ」と自覚すること。

親子であろうが、兄弟姉妹であろうが、もちろんパートナーであろうが、違ってアタリマエなんですよ。

だから「話す」ということは、自分が理解していない相手の世界のことを知る ということなんですよ。

話し合うことで見えてくる世界

​それってすごい面白いと思いません?自分の中にこれまでなかった世界ですよ。確実にこれまでの自分の世界から、広がりが生まれますよね。

なので自分の世界に無理やり引きずり込むのではなく、相手の世界を知った上で「お互い折り合う」ということができたら、ずっと楽に生きられそうに思いませんか?

それこそが「話し合う」ということだと、湯川は思うんですよ。だからこそ「相手の世界を知ろうとする」ことだと思うの。

「あなたの見ている世界って、どんなの?何が見えてるの?」ってね。

それをいい悪いなしに、「へー!こんな風に思ってるんだ!」「こんな世界を見てたんだ!」って。

だから「違い」があっていい。

むしろ違いがあるほうが、面白い!

こういう心の態度がこちらにあるからこそ、相手もあなたの話を聞こう、という気になるんだと思うのです。


考え方だって、感じ方だって、解釈の仕方だって、相手とは違うわけです。

ましてや、あなたの「大事」が相手の「大事」と合うなんてことは無い。

話し合いながら「違い」が「幸せ」に繋がっていく日常

だからこそ「違う」ということを前提にして考えると、ちょっとでも合うところがあれば、それはもう「奇跡的なこと」

だからこそ、少しでも合えば、めっちゃ嬉しいと思いませんか!?これは加点法で考えるということでもありますね。

そういう考え方が、幸せになっていく考え方だと湯川は思うんですよね。

さあさ、もうちょっと肩の力を抜いて。

ほら、鏡を見て。

自分のために、にっこり笑顔になってみましょうか。


●湯川からの一言

相手の「大事」にしていることは何か、一度興味津々で聞いてみましょうか!


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!