自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!パートナーシップ心理学アカデミー代表 湯川央恵です。

​先日、日本麹クリエイター協会さんで、マネージャー研修を2日間に渡り、開催させていただきました。

テーマは「⾃⼰信頼を⾼め、愛に気づく」。​みなさんとても前向きで、やっていて楽しかったですね!

セクシャリティと親との関係性

さて、今日はセクシャリティについてお伝えします。

パートナーシップの源は、親との関係性。ここに端を発しています。

親のことをどう見ていたのか?親からの言葉をどう受け止めていたのか?​こういうものが、パートナーシップはもとより、上司部下との関係性、友人などの人間関係、仕事のやり方、年収にまで。

そしてセクシャリティにも大きく影響します!!

セックスを断ると不機嫌ハラスメント(フキハラ)する夫

ここからは、夫の強い性欲に悩むEさんの事例をお話ししますね。

​Eさんのご主人は、毎日でも飽き足らないくらい精力旺盛な方。
若い時ならいざ知らず、どんどん歳を重ねるにつれ、夫の求めに応じることが、苦痛になってきたEさん。

特にこの2年ほどは、求めてくる夫に対して、あからさまに嫌悪感を感じていたそうなんですね。

その時にセックスを断ると、その後とにかく不機嫌になる夫に一体どうすればいいの?というご相談でした。

やりたくない!
でもやらないと不機嫌。

我慢してやると、すごく虐げられた気がしていたんですね。

​いやー、このあたり、すごく身につまされますね!人ごととは思えません。それフキハラ(不機嫌ハラスメント)やろ!と言いたくなります。

​そんなEさんが私とのセッションを受けるようになってから、あれだけ嫌悪していた夫の性欲を、かなり受け入れられるようになってきました。

なぜそんな風になれたのでしょう?

あなたはセックスにどんな意味を持たせていますか?

ヒントはコレ

「セックスにどんな意味づけをしていたか?」

​もともとEさんにとって セックスとは「支配されること」という感覚が強かったのです。

​そこでセッションでは、なぜ「支配」と感じるようになったのかを取り扱いました。

​パートナーシップとセクシャリティの原型は父と母​

​Eさんの子供の頃、お父さんは熱烈サラーマン。それこそ朝から晩までずっと働いておられたんですね。

普段は家のことは全くやらず、帰ってくるとお母さんに対して偉そうに命令しているだけ。

「お母さんは、お父さんに言われるまま動く”奴隷”のようだった」と。

日頃Eさんにお父さんの愚痴を言ってたお母さん。

だったらお父さんにバシッと言ってやればいいのに!それも言えない弱い母。
暴君な父に支配されている、弱い母。

​そんな風に思っておられたんですね。

​子供の頃、私たちは

父に見たものは「男」として一般化され、
母に見たものは「女」として一般化してしまうんですね。

ですのでEさんは、子供の頃の両親の関係性から「女は男に支配される」という思い込みを持ってしまったんですね。

​その象徴がEさんにとっては「セックス」だったのです。

さあ、ここからEさんは何に気づいたのか?
解決するのか!?

​続きはこちらから


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!