別れたと思ったら、もう新しい恋人を作っている。
常に恋人が切れた時がない、いわゆる「恋多き女」

独身時代であればともかく、結婚していても、そのような状態だと、ちと困りもの。(-“-)

StockSnap_J633WD7BAR.jpg

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー主宰 湯川央恵です。

恋愛を使って何を埋めているか?

常に恋をしていて羨ましい~!なんて思われがちですが、実はこのパターンは単純に
「恋愛に依存しているだけ」という可能性が高いんですね~。

つまり自分に恋人がいることでしか、自分の存在価値を感じることが出来ない
「恋人の存在に依存した状態だ」と言うこと。

自分に恋人がいない、というのは、自分を必要としてくれる人がいない
だから自分に自信も持てないし何より「安心できない状態」なんですね。

低く、えぐれた自己価値を
他人を使って何とか埋めている、と言うことなんですよー、

StockSnap_IWWC5CHVYK.jpg

自己評価が低く受け身女性

自己評価が低い人が付き合うパターンは、ほぼ決まっています。

「自分から“好き”と言って付き合うのではなく、相手から言われて付き合う」
これがパターンです。

なぜならば、自分に対する自己評価が低いので、自分の気持ちよりも自分以外の人の評価を信じちゃうのですね。
なので、相手から好意を寄せられると、あっさり恋に落ちてしまう。

「好きと言ってくれた人を好きになる」という感じです。

しかし、それで付き合ったとしてもそもそも自己評価が低いので、自分が本当に愛されているかが不安。
しょっちゅう「私の事好き?」と聞きたくなる衝動に駆られているはずです(笑)

まさに「確認せずにおれなくなる」という感じでしょうか。。。

なのでいとも簡単に、体を許します。セックス=愛されている、と思っているので、求められると言うことは「愛されている!」と思っちゃうんですよ・・・。

AdobeStock_191079807.jpeg

清々しさとは真逆のじっとりとした重い女性

そう言うのって相手には伝わります。
行動は軽はずみなのですが、そこに込められた思いが、何とも重いんですよ。

そして、駆け引きに使われているようで、なんか嫌なんですよ。
清々しさとは対極なのです。

さっきも言いましたが、愛されることで
自分の低い自己価値を埋めようとしているわけですね。

StockSnap_F6P3A3RGM5.jpg

どれほどこれを続けてみたとて、心が安定することはありません。(キッパリ)
つねに相手に依存していますので自分の安心は「相手次第」ってことなんですよね。

いやー、そんな不安定なことってないですよ~(^_^;)

相手に依存して、相手に自分の低い自己価値を埋めてもらって、やっと安心出来るのではなく、自分一人でいても安心して満たされ幸せでいること。
download-15.jpg

一人で立てない人は二人だと一層立てない

一人でいると寂しくて仕方ない!
誰でもいいから、そばにいて!構って!という場合、誰と居ても、どんな所にいても寂しさは消えないでしょう。

一時的に消えたように思っても、すぐにまた寂しさが襲ってきます。

自分の感情の面倒は、自分で見る。

誰かに満たしてもらおうとするから、常に不満で満たされないのよー。

一人でさえ立てない人は、二人で居ると、もっと立てません。
むしろ相手と共倒れになって、一層ダメージが大きいの。

満足も安心も、相手から与えられるものではなく、自分が自分に与えてあげるもの。

そう!誰よりも一番に自分に与えてあげることなんですね!

 

湯川央恵


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!