モラハラ夫に悩む自己肯定感の低い妻との関係性

最近増殖中のモラハラ夫。目つきも言い方も怖いですよね。
湯川のところにも相談に来られる方の割合も「モラハラ夫」についてのお案件が多くなってきています。
「離婚してしまえばいいのか?」そんなカンタンな話しではないですよね。
めんどくさくなって放置したり、離婚や復讐する事を考える前に、ちょっと見直して欲しい内容をブログでお伝えしていきます。

モラハラ夫の要求には一つのパターンがある

それは「急かせる」こと

第3者の目からみたり、落ち着いて考えてみると
そこまで緊急事態じゃないのでは?という内容のことでも、
モラハラ夫の手にかかれば

「今すぐしないと、どうなるかわかっているよな!」

「今日の〇時がタイムリミットだ」

「さもないと今すぐ出て行け!」

というようにこちらの「焦燥感」や「恐怖心」をあおってきます。

特に自己肯定感の低い方の場合、
いつの間にか相手主導のドラマの中で、あたふたとしているということが、よくあるのです。

モラハラ夫の対処法として
「相手のペースに取り込まれない」というのはとても大事なことなのです。

では、具体的にどうすれば相手のペースに巻き込まれないのか?
今日はそれについて具体的にお伝えしていきます。

モラハラ夫の対処法①

先ほどあげた例でお伝えしましょう。

「今すぐしないと、どうなるかわかっているよな!」

「今日の〇時がタイムリミットだ」

「さもないと今すぐ出て行け!」

こんな風に言われた時、あたふたしてしまうと思うのですが、
これからは落ち着いてこんな風に言ってみましょう。

「すぐに答えは出せない。少し時間が欲しい。」

「いますぐ結論なんて言えないから待って。」

「あなたの要求をどう考えていいかわからない。よく考えさせてほしい。」

あなたがすることは「今すぐ!」と
夫に急かされることに対して、すぐに結論を出そうとしないこと。

むしろ、夫に急かされたからという
被害者意識を持ったまま「結論を出してはいけない」ということ。

これは、とても大事なポイントなんです。

相手から圧力がかかればかかる程
怖くなってすぐに反応したくなるかもしれないけど
ここは、十分に時間をかけて考えて欲しいところなんです。

モラハラ夫の目つきに動じないで!

そうは言っても怖い目つきで圧力をかけられ、急かされた場合どうしましょう?

それでも同じように言う、ということ。
そうやって「明確に境界線を引く」ということ

それに対し

「いったい、どれくらい時間がかかるんだっ!」と言われたら、
その時はね

「私にとって必要なだけかかるから」

と言えばいいのです。

そしてその間、あなたは真剣にそのことに対して考えてくださいね。

モラハラ夫の特徴とその妻の特徴

焦って結論を出す事で、更に失敗し怒られ、負のスパイラルに入って行く。一度こうなると、妻側は「怒られないように」というフィルターがかかってしまい、正常な判断が出来なくなります。

まずは一旦、精神的にも物理的にも距離をおくのが最優先。

その後、静かに振り返ってみて欲しい。

ここは認めたく無い所かもしれませんが、夫婦は鏡です。
相手がモラハラ夫で、焦らせたり恐怖心を煽って来る姿も、実は自分自身の一部が映っていると考えてみて欲しい。

もちろん、今のアナタにとって、その言葉はとても苦しいと思います。
でも、それを認めない限り、実は現実は変わらないのです。
相手を変えても、同じ現実が毎回続くとしたら、どうでしょう?そっちのほうがイヤですよね。

モラハラ夫の攻撃性
「今スグやれ」という衝動性
思い通りに行かないと子供のように暴れる幼児性
これらが自分の中にもあるハズなのですよ。どうでしょう?

そんなあなたは自分に自信が持てずにいませんか?

夫を見て、同じように「この人は自信がない人だなあ」と思いませんか?
まさに、その姿が自分の姿なのです。

 

モラハラ夫と自己肯定感が低い妻の
「依存心と被害者意識」が生み出すサスペンスホラー・・・

 

ほとんどの原因は親との関係性に行きつくのですが、
まず、今このブログを読まれてるあなたにお伝えしたいのは

「鏡として見てみるとどう思うか?」ということ。

また違った角度からもお伝えしていきますが、今日はここまで。

 

湯川央恵

 

もっと詳しく聞きたい方
解決の手立てを具体的に知りたい方はこちらの体験会へお越しください
↓↓↓

 

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師