罪悪感と自分を責める心理ー自分を責める癖をやめる方法

湯川です。

自分に否定的な私

折角褒められても「私なんて」と否定したり、相手が不機嫌だと「自分のせいかも」と、ついつい自分を責めていませんか?

これまで1300人以上の相談を受けて来た私からみると、それってズバリ「好み」なんですよ。

ん?と思われました?

いやね、自分ではもう止めたいとか、こんな自分を変えたい!とか思っておられるのでしょうが、それが変わらないのであれば、もう「それが好き♥」なんですよ。

それは趣味趣向です

何かって言うと「自分を責めているドラマが好き」ってことね。

悲劇のヒロインが好きで、ヒロインが頑張ってる姿が、何とも言えずお好きじゃないですか〜?

どうですか?ちょいと自分の心に問うてみて下さい。

ね、相当好きでしょ〜(笑)これ、なんでやっちゃうんでしょうね?

実は自分を責めることのメリットって、すごーくあるんですよ。

自分を責めるメリットとは

責めていると、何か頑張っている人のようじゃないですか。反省しているみたいじゃないですか。おまけに、これ以上は責められない感じがするじゃないですか。

「私はこんなに自分を責めて苦しんでいるんだから、許してよ!これ以上何も言わないでよ!」って感じでしょうか(笑)

つまりこういう時って、見事に行動していませんから!

ほんと動かず(本人は動けないと言いますが)実は、ずっと待っているだけで、自分からは動かない!行動しない!働きかけない!

これも本人は動いているつもりですが、周りからみると、全然エネルギー出してないんですね〜。

でも自分ではすごくエネルギーを出しているつもり。

なぜならば、普段殆ど出してないから、それよりもちょっと多く出すと「すごくエネルギー出して行動している」と思ってしまうんですね。

エネルギーを出す基準がもしかして低いのかも?と思って頂くといいかもしれませんね。そういう方は「すごく疲れやすい」という傾向もあります。

つまり普段、行動するエネルギーを10しか出していないとしますね。それ以外の90をアレコレ妄想することに使っていると、たった10のエネルギーだけでクタクタになってしまう。

「ああ今日も私はすごく頑張った!」と脳が勘違いしているということ。

妄想にエネルギー使っても、疲れるだけで、何一つ現実は動きません。自分を責めている間は、それが大変美しい言い訳になっているんですね。

あなたが変わる瞬間

でもねホントに気づいて反省したときって、どうなりますか?

そう!行動が変わりますよね。

弱い自分だったり、逃げてばかりの自分だったり、傲慢な自分だったり、負けをガンとして認めたくない自分だったりね。

これまで見て見ぬフリをしてきた、そんな自分にキチンと向き合うこと自分の至らぬ所は至らぬ所として、正直に認めること

コレ大事ですね。

自分を責めているだけで行動を変えていないのであれば、「相当好きなのね」と自覚してくださいね。

素敵なパートナーを見つける極意!

そして自分で動かず、待っていると誰かが変えてくれるとでも思っていたんだということです。

そう悲劇のヒロインは、白馬に乗った王子様を待っています。悲劇であればあるほど、王子様はそんな私を助けずにはいられない!と思っているかもしれませんが、残念ながら白馬に乗った王子様は、自分のことを自分で出来ないお姫様は相手にしません。

いつも誰かにやってもらうこと、待っていれば欲しいものが手に入ると思っている「エセお姫様」は王子様のパートナーとしては釣り合わないのです。

自分を責めて行動しないのではなく、たった1ミリでもいいから、望む未来に向けて行動を取って行きましょう。

待っているだけで自分から動かないのはまさに「老化」!干からびるわよ〜。

具体的な行動の取り方はこちらを参考にして下さい。

気がつけば自分責めばかりしていませんか? https://realize-bp.jp/6063

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずはじめの一歩を踏み出したい場合はこちらが参考になります。

★オンライン講座初級編★

オンラインなのであなたのお好きな時間に、いつでも学べるのが特徴。
何からどうやっていけばいいのか分からない方の「はじめの一歩」です。

http://www.reservestock.jp/subscribe/MjQ2YzQ0YzM3N

相談したいという方はこちらからどうぞ
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/3521

 

o0288010213828035335

IDは@znm5618oです。ブログには載せてないプライベートな投稿もしています