【嫉妬心】大人げないと分かっていながらヤメられないのは何故!

大人げないと分かっているのに、ヤキモチが止まらない・・・。
そんなこと、あなたはありませんか?

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー主宰 湯川央恵です。

Rさんの了承の上、ストーリー仕立てで事例を紹介します。

突然の出会いから

646100272-huge.jpg

私は前夫と離婚後、女手一つで何とか息子を立派に育て上げた。
子育ても終わり、恋愛ももういいかなと思っていたところに、素敵な男性との出会いがありました。

ダンディでおしゃれで、バリバリ仕事をする彼に、どんどん惹かれていく。
心が高鳴り、久しぶりにワクワクする気持ちが抑えられない。

息子からも「母さん、最近生き生きしてるね」と言われ「まーね」というので精一杯。

彼のおかげで、私も仕事に全力を出せる。

図2.png

原因不明の「モヤモヤ」

でも、、、、
最近なんかモヤモヤすることが。

実は彼にお孫さんができたのです。
孫ができたこと自体は、全く問題がないのですが・・・。

彼から孫の写真を嬉しそうに見せられるたび、最初は良かったんだけど、だんだんイライラしてきて。

孫が如何に可愛いか、如何に愛らしいかを何度も聞かされているうちに、だんだん興ざめする自分に気づいてきたんですね。

「なんかモヤモヤする」

でも何がそんなにモヤモヤするのかわからない。

そんな時に湯川先生に相談したのです。

図3.png

 

はい、ストーリはここまで。

今回は孫ですが、孫じゃなくても
彼の子供、彼の仕事、彼の趣味に嫉妬、というパターンも考えられますね。

ここからはセッションの内容をシェアしますね。もちろんRさんの許可を得て紹介させていただきます。

祖父との思い出

セッションでは、子供の頃のRさんを思い出してもらいました。

出てきたのは、祖父との思い出。
たくさんの孫に囲まれた、祖父の一番のお気に入りはRさん。

「お前が一番可愛い!」

そう言って誰よりも可愛がられたRさんだったんですね。

しかし別の孫が生まれた時、祖父がその孫のことを褒めた瞬間、
寂しくて悔しくて、自分など必要ない!!と言われたように感じたのです。

世界に放り出された感じ、もう本当にがっかりどころではなかったんですね。

図1.png

幼児決断

「こんな姿は誰にも見せたくない、だったらこっちから切ってやる。」

そう思って祖父のことを、バッサリ拒否したRさん。

ここに本音が隠されていますね。でも美しく誤魔化している。
なので私はRさんにこう言いました。

「Rさん本当は “よくも私を一番にしなかったな!” これが本音じゃないですか?」

そういうと大きく目を見開き
「そうです!その通りです!そう思って私は心のシャッターを下ろしたんです」

なぜ?許せない気持ち

なぜ私を一番にしなかったのか!

なぜ私を誰よりも最優先しなかったのか!

なせ私を選ばなかったのか!

こんな怒りを感じつつも、絶対そんなそぶりは見せなかったRさん。
そして大人になった今、Rさんが祖父に持った思いを無意識に彼に、そのまま向けていたわけです。

離婚の原因も「幼児決断」が原因!?

そして実際Rさんは前のご主人との離婚も、まさに
「だったらこっちから切ってやる!」と言って別れているんですね。

子供の頃の思い込みが、大人になってもこんな風に影響するものなのです。

子供の頃の思い出でしょー?とあなどるなかれ!!
むしろ6歳までの思い込みは、無意識レベルに影響しているので、「甚大」と言わずにはおれません。

そして子供の頃に決めたことが、意外と人生に影響を及ぼしているのです。

Rさんの場合なら「だったらこっちから切ってやる」ですね。
これが子供の頃に決めたこと(幼児決断)が人生に大きく影響を与えているわけです。

何もせずこのまま行ってたら、Rさんは彼に対しても同じように
「だったらこっちから切ってやる!」になっていたでしょう。

このセッションには、まだまだ続きがあります。

そもそも、なぜバッサリ切るようなことが起こってしまうのか?それにもちゃんと理由があるのです。

続きは明日!

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・チャイルドセラピー修了
・原田隆史リーチング講師