子供の頃、あなたはどんなことを願っていましたか?
「もっと優しくされたかった」
「もっと関心を持って欲しかった」
「もっと構って欲しかった」
「世話を焼いて欲しかった」
などなど・・・
そんな思いがあったとしたら
あなたの無意識は、それをちゃーんと叶えてくれていますよ。

こんにちは。
自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー主宰 湯川央恵です。

願いが叶う簡単な方法

さて冒頭で「あなたの願いは叶っている」とお伝えしました。
その叶え方は、あなたが望んだ方法では無かったかもしれない。
でも、ちゃんと叶っているのです。
「ん?」と思われました?(笑)

例えば、「優しくされたい!」という願いがあったなら・・・。
病気になることで、カンタンに関心を得られ、周りの人からは優しくされ、アレコレ世話をして構ってもらえたりとかね。
images.jpeg
しかも病気がヒドくなればなるほど、それらが更にカンタンに手に入ります。

願ったことを忘れてしまう

でもそれが普通になると、周りも慣れてきます。
するとどうなるか?
もっとヒドくなって、欲しいもの手に入れようとしてしまうんですね。
あ、もちろん「無意識」です。

すると、自分の自分の現実がヒドくなっていきますね。
すると、どうなると思いますか?

実は、最初の願い
「関心を得たかった」
「優しくされたかった」
「構って欲しかった」
「世話を焼いて欲しかった」という願いをすっかり忘れ去って
「健康なみんなが羨ましい」
「何で私だけこんなヒドい目に遭わなければならないの!」と被害者意識や不満を持つようになるのです。
こうして私達は願いが叶っていながら、最初自分が持った願いの内容をすっかり忘れています。

今の現実こそが自分が望んだこと

今の自分の現実を見て下さい
これが自分が望んだことなんだ、と思うとどうでしょう?
「湯川さん、いい加減にしてください!」
「そんなワケありません!」
そう言いたいかもしれませんよね。

先日、パートナーシップ心理学アカデミー受講生のMさんが
コミュニティに投稿された内容が秀逸でしたので、ご本人の了承を得た上で紹介します。

今日のワークショップで初めて自分の中に隠れていたものに気づいた。
私は
「ラクになりたい」と願っていたんだ!
毎日揉め事が起きていた幼少期、揉め事を鎮火させて、普通の家族にしたい=日々静かな暮らしが欲しい と願っていた。

営業部隊で激務が続いた30代。
ラクな部署に異動して、同じお給料でのんびり仕事がしたいと願っていた
=働き口は確保しながら楽したい

すべて願いは叶っている!
私が望んだ「ラク」が手に入っているではないか!

ずっと結婚したいと思っても、なかなかできなかったのは、
一人で暮らす事が私にとっては快適でラクだったからだ。

わずか5%の顕在意識では、私は結婚を考えていたけど、
潜在意識95%の私は、一人でいる事を辞めたくなかったんだ!

これまで2度、孤独なお正月を過ごした。
「お正月にこんな孤独にさせる親が悪い!」など思っていた私は、
自分が招いた結果を被害者ぶっていただけだった。
願いは実現していた!

仕事では後輩に仕事を奪われて悔しい!と思っていたけど、
それは奪われているのではなく、
私の溜めて来た(ラクしたい)思考が導いたものだったと気づかされた。

私がそう自分で導いて来た事を、後輩のせいにして被害者になっていた。

すべて私だ!

確かに私が今の私の現実を作っていたんだ。

そう喝破されたMさんからは、落ち込む、というよりも、むしろ清々しささえ感じ取れたくらいでした。
今の現実が、自分にとって「いやだなあ」思っているならば尚のこと、まさか自分が、この現実を創っていたとは思いもしないですよねー。
でもそれが事実なのです。

なので誰のせいでもない。
被害者になる必要など、どこにもないのです!
じゃあ、自分が作った事が分かったとして、そこからどうしたらいいのか?
それが大事ですよね。

それはまた明日お伝えしますね!


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!