人は目で見たものは過大評価し、耳で聞こえるものを過小評価する

新年明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

 

お正月番組で見た「VR(バーチャルリアリティ)」の世界

昨日、子ども達とTVを見ておりますと、平成になってから30年間のゲームの歴史を振り返る番組をやっていました。

 

その中でデヴィ夫人が、新宿にあるゲームセンター?で、初めてVR(バーチャルリアリティ)を体感する、というコーナーがあったんですね。

 

VRが初めてのデヴィ夫人。VRをつけると360度、仮想風景が見えるわけです。

まるで自分がその場にいるような錯覚をするんですよね。

 

本当は足元の広い、安全なフロアに立っているのに、VRを通すと、超高層ビルから突き出た、板切れ一枚の上に立っている自分を体感します。すると怖くて足がすくみ上がってしまう訳です。

それをVRを通していない一般の人から見ると、とても滑稽に見えるんですよね。

脳が錯覚を起こしている、とは分かっていながら…

何の障害物も無い、広い安全なフロアに立ってるのに「きゃーっ!怖い!」ってなっているデヴィ夫人。

でも本人はマジで取り乱しているのです。

周りがいくら「落ち着いて!大丈夫だから」と言っても、VRからの視覚情報で脳が錯覚を起こし、落ち着く事が出来ない。

そのギャップがあるからこそ笑えるのですが、これ、私達の世界も全く同じことなんですよね。

VRの世界にいる私達

つまり自分が見ている世界が全てだと思うと、それ以外の世界は全く見えない。

 

もっと分かりやすく言うと、例えば周りから「こうやったほうがいいよ」というアドバイスがあったとしても、自分こそが正しいと思うと、それ以外の情報が全く入って来ないんですね。

 

周りの意見は全く耳に入らないし、全く周りが見えてこない。

自分の狭い世界しか見えていないから、アレコレ言う人こそが「悪者」「この人は分かってない!」なんて思ったりするんですね。

未来の自分からのアドバイス

でもこの「アレコレ」こそが、実は「未来の自分からの有り難いアドバイス」だったりすることが、すごーく多いの。

他人からのアドバイスという形ではなくても「最近よくこの言葉を言われるなあ」でも同じです。

 

特に「聞きたくない!」と思うような言葉であったり「耳に痛い言葉」ね。

こういう言葉こそが、ホントはとっても大事なのに、自分が見えていないだけで撥ね付けるのは勿体ないですね。

 

パラレルワールドに居る私達

VRはそれを分かりやすく示してくれています。

VRを付けている人と、そうで無い人のように、まるで次元自体が違うので、単純に自分からは見えていないだけ。

 

山頂からは6合目、5合目はよく見えますが、6合目からは頂上からの風景は全く見えません。

また何度も山頂に行ってる人からすると、この方法では時間がかかり過ぎるとか、もう直ぐ天候が崩れるなどということが、分かる訳です。

山頂から「そっちに行くと危ないよー!こっちから周りなさいー!」と言われるのは、視点が高いし広いから。つまり『次元が違うから分かる』ワケですね。

 

それと同じなのだと思うのです。

だから素直に聞いた方が、絶対いいの。

 

親からのお小言は…

小さい頃親に「お片付けなさい」「最後までやり遂げなさい」「素直に聞きなさい」等々…

こんなことを私はよく言われていました。

 

当時は何てうるさい親なのかと思ったけど、今から思えば、ズバリ自分に必要な事を言ってくれてたなあと思います。

子どもの私からは全く見えていなかっただけ。

 

親からは「このまま行くとこの子はここで躓くだろうな」ということが見えていたんでしょうね(苦笑)自分からは「はあ?」と思うことでも、実は相手からは、よーく見えている事だったりするわけ。

逆の立場から見ると、よーく分かります

こんな風に、アドバイスは時に耳に痛いものもあるでしょう。面白くない意見もあるかもしれません。

そんなときは「受け入れたくない!」と思いがち。

 

でもね、、、、

逆の立場から見ると、とても不思議だと思う事はありませんか?

「言う通りにすればラクになれるのに…」

「何度も言ってあげてるのに…」ってね。

人の事ならわかるのに、いざ自分のことになるとそれを聞き入れないのは、反発したい思いや、自分にとって面白くない内容だからなのでしょう。

証拠があるなしではなく、一旦受け入れる姿勢

人は目で見たものは過大評価し、耳で聞こえるものを過小評価する傾向があります。

つまり「証拠」があれば信じるけど、そうじゃないものは信じない。

 

特に身近な人から言われことは、小さなことやどうでもいいことで、よくわからない意味不明なこととして処理してしまう。

そういうの、ホント勿体ないですね。未来を拓く可能性がとてつもなく狭いし、遅くなるってことですからね。

証拠があるかないかではなく、一旦受け入れてみる、という姿勢は必要だと思うのです。

 

こんなことを言いながら、私もそういう部分はまだありますとも(苦笑)

 

今年は周りの人からの言葉に、私自身、もっと素直に耳を傾けるようにしたいものです。

一緒にやっていきましょう(笑)

 

ということで、今年もどうぞ宜しくお願いいたします!!!

 

さて今日はこの後、義母と海の見えるステキなレストランでランチ。

その後、義母と子ども達と私の4人で母のお墓参りに大阪へ行ってきますー!

 

 

湯川 央恵

 

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師