残暑お見舞い申し上げます。
毎日暑いですが、いかがお過ごしでしょうか?

現象はひとつなのに解釈は人それぞれ

さて、今日は”解釈の違いで、幸せにも不幸にもなる”というお話をしたいと思います。

人に褒められても、「何かウラがあるに違いない」と思う人もあれば、誰かに、けなされても、「ああ言いながら、励ましてくれているのかも」 と思う人もいます。

また、離婚して「人生失敗した」と思う人もいれば、逆に離婚して「人生に幅が出た」と思う人もいますね。​
現象はひとつなのに、解釈は人それぞれ。

どんな解釈をしても自由なのに、なぜ自分はその解釈をするのか、考えたことがあるでしょうか?

経営力のない父のことを見下す​

​ちょっとここで湯川の話をさせてください。

​湯川の実家は奈良のお寺。
私は幼いころから、暴言を吐く父のことを、ずっと見下していたんですね。

怖かったし何より「寺の坊主のくせに母を泣かせて何やってんだよ!」って思っていました。
家庭の雰囲気が悪いのは全部父のせいと信じ込んでいましたね。​

父への見下しが決定的になったのが22歳。
我が家はお寺でしたが、父は私が小学3年生の時に起業しました。
そこから14年、父は頑張りましたが、私が22歳の時、商売を畳んだんですね。​

最終的に1億円の借金が残りました。
そこで父は、代々受け継いだお寺を売却しました。そのお金で事業の借金を精算したわけです。

それを聞いた時、なんてことをするんだ!と経営力のない父を、完全に見下し馬鹿にしました。

​どこにフォーカスするのか?

​そこから15年以上も経ったある時、上司からこんな言葉を言われたのです。

「お父さんは銀行から1億の借金ができるくらい”信用”があったんだね」と。

​「ん?信用????はあ????」
私は最初、意味がわかりませんでした。

​何度も上司の言葉を反芻しました。

「1億円の借金ができるくらい信用があった」

「1億円の借金ができるくらい信用があった」

「1億円の借金ができるくらい信用があった!」

​この言葉がようやく頭に入って来た時、雷が落ちたのかと思ったくらい、衝撃が走ったんですね。
いやもう、しばらく喋れなくなるほどのショックでしたね。

「1億円の借金ができるくらい、父には“信用”があったんだ!!!」

​言われてみれば、確かにその通りなのです。
だって私はどう逆立ちしても、どの銀行に行っても1億円は貸してもらえません。私に1億の信用が無いからです。

​世界の見え方がガラリと変わった瞬間

​それまで借金する人はダメな人、と思っていたのが「1億の借金ができる位の信用がある人」

​全てひっくり返った瞬間でした。そして号泣しました。
涙が後から後からあふれて止まりませんでした。​

父のことを完全に馬鹿にしていたけど、全く違っていたんだ。
むしろそれだけの信用を積み重ねて来た父だったんだ。
それなのに、私は見えていることしか理解せず、何をやってたんだ!

私は大した苦労もせず、ぬくぬくと育って来たのです。
父から完全に守ってもらっていながら、見下し馬鹿にしていた自分の愚かな姿に、初めて気づきました。
もう一瞬にして、「1億の借金」の解釈が変わったんですね。同時に、父への思いもガラリと変わりました。

​この辺りの詳細は
「動画メール講座  ”離婚寸前の主婦が、再び幸せなパートナシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?” 」にありますので、読んでおられない方は是非登録なさってください。

パートナーシップ心理学アカデミー予備校(無料動画メール講座)

 「事業の失敗」を無駄に恐れ続けた理由

それまでは「自分も父のように事業が失敗するのではないか」という恐れが、どこかあったのです。
自分でもどうしてこんなに不安になるんだろう?と思っていたのですが、その理由がはっきりわかりました。

父に対して「経営力がないダメな父」と解釈していたから、自分もそうなるような気がしていたんですね。
まさに世界は一元。
父に見ていたものは、自分に対しても同じものを見てしまうのは、当然のこと!!

でも解釈が変わり、父への思いが変わった時、これまでなんとなく感じていた「事業への失敗」という「無駄に恐れる思い」が、なくなったということ。ほんとシンプルですよね。

もちろん事業をやっていく中で、不安に思うことはあります。恐怖を感じることもあります。
でもそれは以前のような、何も行動していないのに恐れているだけ、というようなものではないのです。何もかも絡め取られるような恐怖感でもないのです。

むしろ事業をする上で、怖さを知らない無謀さは、命取りになります。
なので「適切に恐れること」は必要なことだと私は思うんですよね。

話が脱線しましたね。
そう、このように「無駄に恐れること」が「気づけば無くなっていた」んですね。

それまでずっと重い砂袋を足につけて歩いていたのが、取れたような感じ。
でもそれは人からつけられたものではなく、自分が選択してつけたものなんですよねー。

解釈は人から押し付けられたものではなく、自分が自由に選択できるものですから。

解釈には人生を変える力がある

そして解釈には「レベル差」があると感じています。
ひとつの出来事を「どう解釈すかる」によって、自動的に幸不幸を自分が選択しているんですよ!

​まとめ

​湯川の「1億の借金」の解釈が、あなたの解釈の変化につながると、こんな嬉しいことはありません。
あなたは自分の人生をどう解釈していますか?
その解釈はあなたを幸せにするものですか?

​さてこれからお盆を迎え、まだまだ暑い日が続きます。
どうぞみなさんバテずに、元気に過ごしてまいりましょう。

​湯川央恵


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!