麩とガジュマルに学ぶ思い込みの外し方

ガジュマルの木

先日沖縄に行ったとき、「ガジュマル」の木の不思議な力について聞く機会がありました。

 

ガジュマルの木って「歩く」のです!

えーって感じでしょ。

そもそもガジュマルってどんな木かご存知でしょうか?

このブログ記事の最初の写真がそうなのです。

枝から細い根っこのようなものが幾つも垂れ下がり、それが地面に到達して、地面から栄養分を吸い上げるんですね。それがどんどん成長し幹のように太くなっていく。

そして元々の幹の部分が細く退化していき、古い幹から、新しい幹へ重心が移動するんだって!

 

より栄養の多いところへ、より快適な場所へとガジュマルは「意思」を持って歩いているってこと!

それを聞いたときは、ホントにビックリしました。

 

思い込みや固定概念

木は動けず、ずっとそこにいたまま、なんてのはどうやら思い込みであり、固定観念なんです。

他に調べてみると、移動する木はガジュマルだけじゃなく、ヤシの木も移動するんですねー。しかもこちらは1日2、3センチ移動するとか。

 

ホント私たちは

「○○はこうあるもの」

「これが常識」

と思い込むと、それ以外の情報って、かなりシャットアウトしているのだと改めて思いました。

 

お麩のはなし

先日お料理が得意な友人が、フロランタンとカツ丼を作ってくれたのですが、ナント「麩」が材料。

言われるまで全く気づかず!

麩って鍋にそっと入っている地味な食材と思っていましたが、いやーホントごめんなさいです。

麩に謝ります。

 

彼女曰く

「鍋用食材として見るから分からないの。麩は小麦粉を原料としたもの、と見るといろんな展開方法があるんだよね」と。

いやー、ホントその通り!!麩を見ると、即「鍋」のイメージと直結してました(苦笑)

 

私たちは「こういうものだ!」とラベル付けしてしまうと、それ以外の「見方」がなかなか出来ないし、そこからの発展性がなくなります。

すなわち柔軟性が欠け、ガンコになっているということでもあるんですよ。

 

柔軟性を取り戻すコツ

なので、思い込みや固定概念をハズには、意識して普段と違う場所に行ったり、普段会わないような人と会うこと。

 

自分が苦手と思う人から学んだり、居心地が悪いと思う所に行くのは、その中でも特におすすめかも!

 

パターンを変えて行くってことは、すごーく大事です。

駅から自宅までのルートを変えてみる、というのも、固定概念を外す、とってもカンタンな方法ですからねー。

 

o0288010213828035335

IDは@znm5618oです。ブログには載せてないプライベートな投稿もしています

 

 

 

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、フラクタル、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。