兄弟姉妹関係から見る嫉妬心と独占欲

ここのところ、姉との関係性について書いております。

パートナーシップは、親との関係性だけでなく、
きょうだい関係も大いに影響してきます。

主に「嫉妬心」「独占欲」
そして仕事上の人間関係にも、見事に繋がってくるものなの。

さて昨日お送りしたメルマガでは、姉に直接謝ろうと思ったものの、

余計に関係が悪くなるんじゃないか、「それ見たことか」と
ひどく罵倒されるんじゃないかなどと、
なんとも言えない不安な気持ちを抱えていたことをお伝えしました。

読んでおられない方は下記から

姉に会いに新幹線に乗り込みます。

東京から新大阪までの新幹線が、これほど早く感じたことはありません。
気がつくと新幹線は新大阪のホームに滑り込んでいました。

約束の場所は駅から1分。あっという間に到着です。
ほどなくして姉が満面の笑みでやってきました。

私は姉の目をまっすぐ見て言いました。
「お姉ちゃん、ずっと話したいことがあって」と。
姉は「ん?」と言う表情です。

ぽつりぽつりと話し始めます。

 

ずっと妹らしくせず、えらそうにしてバカにした態度だったこと。

幼い頃から姉は顔立ちも

可愛くて体が弱く、はかなげで、いつも父母の関心を得ていたこと。

私は健康優良児で、髪の毛は刈り上げ、男のように育てられて、
姉が羨ましくて仕方なかったこと。

ずっと姉が羨ましかった。
私は姉みたいになりたかった。
姉が私の憧れだった。

 

でもそれを当時は認められなかった、と言うより姉に負けたくなくて、
それを認めたくなくて、わざと男っぽくしてきた。

 

そして私は
ずっと姉をバカにしてきた。

バカにしていたら
勝っていると勘違いしていた。

 

だから口が裂けてもあの頃の私は、
姉に羨ましいだなんて言えなかったこと。認められなかったこと。

ひどい妹だったこと。

姉が泣きながら聞いています。

ずっとこうして私は謝ってこなかった…。

姉は、言葉に出しはしないけど、きっと私に
ずっとこうして謝って欲しかったのではないか…。

何十年も、エラそうにしていた私は、どれほど姉のことを
傷つけ続けてきたのか。

どれほど姉を
踏みつけてきたのか。

 

 

姉の泣く姿を見て、
心底、自分のやってきたことのひどさを痛感しました。

そして何よりも、ずっとバカにしてきたのに
そんな私に
「プログラムを受けたい」
「パートナーシップがどうやれば上手く行くのか教えて欲しい」と頭を下げれる姉。

そんな姉は私より、どう考えても、ずっとすごい。
私の方が勝っているだなんて、とんでもなかった。

下がれる姉は、下がれない私より
ずっとずっとすごい。

圧倒的な勝ちは、やっぱり姉だ。

私は負けも負けも大負けなのに、ずっと勝っていたつもりでいたんだ。

でもそんな妹のことを、ずっと姉は黙って見守ってくれていた。
勝っていただなんて大間違いも大間違い!!
一度だって勝てたことはなかったんだ。

むしろ圧倒的な愛の中で、私は親からもそして姉からも
守られ大切にされ続けてきたんだ…。

私が逆の立場だったら、同じように頭を下げて教えて欲しいと言えるだろうか。

多分できない。

もう、圧倒的なのです。

 

小さな頃から、ずっと憧れだったお姉ちゃん。
「待ってーお姉ちゃん」と言いながら追いかけていくと、
困った顔をしながらも優しく手を繋いでくれたお姉ちゃん。

おままごと遊びの時に、土をご飯に見立てて
「はい、どうぞ」と言って渡してくれたものを、私がそのまま土を口にしてしまったことで
大慌てで母を呼んでくれたお姉ちゃん。

心配して、泣いて
謝ってくれたお姉ちゃん。

ずっとエラそうで、
ずっとバカにし続けてきて、本当に、本当にごめんなさい。
ずっと謝れなくてごめんなさい。

お姉ちゃんのことが、ずっと大好きでした。

いつも妹の私を見守ってくれて
本当にありがとう。

 

そう泣きながら言うと
姉も泣きながら「うん、うん」と言ってくれました。

二人で大泣きしました。

 

それから私自身、めちゃめちゃ楽になりました。

 

もちろんコレまでも、親との関係性や夫との関係性が変わったことで
楽になってきてたのですが
姉への思いは、私にとっては大きかったですね。

もちろんそこから、何もなしにここまで来た訳ではないし、
いろんな感情も出てきたけど、それでも以前とは雲泥の差。

そしてプログラムでは、私はプロとして、
姉に厳しいことや耳に痛いことを言わなきゃいけない時も、はっきり言いました。

それに対して姉は、素直に聞く耳を持ってくれていました。

そして姉が大きく変化し、以前とは比べものにならないくらい、感情が落ち着き
幸せなパートナーシップを築いている姿を見るにつけ
本当によかったと思うのです。

おそらくあの謝罪がなければ
お互い変に気を使っていたかもしれない。

姉がそんな風に変化し、幸せそうにしてくれていることが、本当に何より嬉しい。

 

「親の愛」を巡ってきょうだいで取り合う。

「取った」「取られた」「ずるい」
「なんで姉兄(妹弟)ばっかり」「私ばっかり損(我慢)させられてる」

これが大人になった時、

見事にパートナーシップにそのまま現れてくるんですね。

仕事も同じ。

長くなりましたね。続きはまた明日。

 

いやー、今日のブログは久しぶりに泣きながら書きました。

その時のことを思い出すと、今でも温かい涙が溢れてきます。
本当にきょうだいって、ありがたい。

 

湯川央恵

ー 期間限定小冊子プレゼント ー

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師