男性が窮地に陥った時、あなたはどんな態度を取りますか?ピンチほど、その人の人間性がクッキリ浮き彫りになりますね。
偉大な成功者の影には必ず、それを支えるパートナーの存在があります。あなたがそんな存在になれたとき男性からは「絶対この女性だけは離さない」と思われるのでしょう。

野村監督夫妻に見る「あげまん」とは?

野村克也監督がお亡くなりになられました。
17年に亡くなった妻のサッチーこと野村沙知代さんと
何と同じ死因とのこと。
IMG_2820-1.jpg
サッチーが亡くなったとき、
野村監督はこんなことを仰っておられたそうです。

私が窮地になった時も、常に前向きで
“大丈夫よ”の一言で救ってくれた。
一言 “ありがとう”と言いたい。
いい奥さんでした。」
 

パートナーが窮地に立ったときどういう態度を取るか

サッチーは「恐妻家だ!」「のむさんを尻に敷いている!」
などと、いろいろ言われていましたが、
野村監督にとっては、唯一無二の存在だったのですね…。
さて、あなたも野村夫婦のように、
パートナーが窮地に陥ったとき
サッチーのように言えますでしょうか?
「大丈夫よ」の一言は、言えるようで、
なかなか言えない言葉かもしれないなあって思うのです。
特に自分自身のことを信用できていない人は、
パートナーのことも信用出来ないので、この言葉はなかなか言えないかも。
 
そういう湯川は どないやねん!といいますと…
過去の私だったら、こんなことを言ってただろうなあ〜。
「そんなことになったらアタシはどうなんのよ!」
「アタシのこと,ちゃんと考えてるの!?」
などと自分のことばかりを言ってたかも〜!!あは〜。
自分の身の安全しか考えずに
パートナーをドン引きさせちゃってたかもね〜(苦笑)
images-5.jpg

あげまんの特徴ーいざという時、肚をくくれている

でも夫の底力を信じられる妻は、たとえ何かあったとしても
「私が何とかする!」
「愛する人を食べさせるくらいやってやる」
と心の奥底で、ある意味肚をくくれているのだと思うのです。
あ、実際に言葉に出す出さないではなく
心の中でしっかり、覚悟を決められるかって話しね。
(むしろ言葉には出さない方がいいでしょうね。)
だからこそ、パートナーが窮地に陥った時こそ
ニッコリ笑って「大丈夫よ!」と言って
背中の一つでもバーンと叩いて、送り出すことが出来るのでしょう。
一見、夫の心に寄り添わず「鬼嫁」のようですが
こういう妻こそが本当は「あげまん」なんじゃないかって思うの。
表面的なことではなく、心の中がどうなのかってこと。
こちらが肚をくくれているからこそ
相手も覚悟を決めて肚をくくって前に進めるのだと思うのです。
やっぱりパートナーは「鏡」ですね。
 
一方、同じ「大丈夫よ」という言葉でも、
何かあったとき、自分が何とかするという
発想も覚悟もない人は、どっぷり夫に依存し、
万一そうなったときに慌てふためき、夫を責め立てるかもしれません。
こちらが肚をくくれてないのを棚に上げ
相手に肚をくくれと求めるのは、筋違いですね。

まとめ

偉大な成功者の影には、
いつだって、偉大なパートナーの存在が必ずあります。
ダウンロード (4).jpeg
どんな時でも自分を信じ、夫の底チカラと未来を信じられる。
そんな女性のことを、男性は決して
手放そうとはしないでしょう。
 
あなたはそんな存在になれていますか?
私はそんな女性が増える世界を、
もっともっと拡げて行きたいって思っていますよ!

バレンタイン特別企画を考えてます♡
14日にお知らせしますね!

【2月限定10枠】残2枠
幸せで豊かな大人のパートナーシップを築く
あなただけの具体策
75315310_530604087672606_4204758641888198656_n (1).png
苦しい恋愛や結婚、人間関係は
終わりにして
軽やかで信頼しあえる
大人のパートナーシップを実現していきましょう!

パートナーシップ心理学アカデミー初回体験会


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!