自分の思ったことをズバズバ言うのは、ハタ迷惑でわがままな人?それとも他人に振り回されず、自分に集中している証拠?この違いについてまとめてみました。

自分に集中するとはどんなこと?

さて、今日もメルマガ読者の方からの相談にお答えします。

湯川先生のメルマガでは「自分に集中することが大事」と仰っておられますが、よく分かりません。
私の同僚で自分の思ったことを、感情もそのままストレートに言っている人がいて、その人の口癖が「私、自分に集中しているから」と。
 
私からみるとただ周りに当たり散らしているだけで、彼女は周りからあまり評判も良くありません。
実際私も彼女のことが苦手です。
何でも思ったことをストレートに言うことが、自分に集中することなのでしょうか?

 
Uさん、ご質問ありがとうございます。
なるほどー、そりゃそんな口癖を聞くと「自分に集中するって一体なんだ?」と混乱してしまいますよね!

自分が一番の親友

ここでハッキリさせておかなければいけないことは、「自分に集中する」とは、我がままになることでもないし、自分勝手な振る舞いをするわけでも無い、ということです。
では何か?
自分の感情に対して、自分が一番わかってあげること、なんですね。
例えばイラっとしたなら「あ、今自分はイラッとしたな。何にイラッとしたんだろう?」
嫌な気持ちになったなら「何にこんな嫌な気持ちになっているんだろう?」「本当はどうしたかったんだろう?どうされたかったんだろう?」
こんな風に自分の中で湧き起こった感情を、丁寧に見て行くこと。
自分の本当に望んでいる気持ちを、自分が誰よりも分かってあげること。そして望んでいることを、自分がやってあげること、なんですね。
他人に求めるから問題が起きて来るんです。いつだって自分の機嫌は自分が何とかするってことです。
人に当たり散らしているのは、自分の家の家庭ゴミを道にバラまいているのと同じですからね。迷惑この上ありません。
また、過日のメルマガでお伝えしたように「刺激即反応」ではなく、一歩引いて反応を「主体的に選択する」ということ。
このようなことが「自分に集中する」という意味なんですね。

大人は大人の視点で生きること

 
日常生きていりゃ、いろんなことが起こりますよ。
でもその度に自分の思ったことをそのままぶつけている人は、はた迷惑ですし、ただの未熟なお子ちゃまです。
だからUさんの同僚が仰っている「自分に集中」というのは、私がお伝えしている意味とは、全然違ったものです。
決して自分勝手な振る舞いや我がままが「自分に集中している」のではありませんからね!
 
湯川 央恵

 
 


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!