なぜ相手のことばかり気にかけるのか?

「自分はこんなに相手のことを考えているのに
向こうはちっとも構ってくれない。
きっと私のことを好きじゃないのかも。」
 
そうやって勝手に落ち込んだり
すねたり、怒ったりすること、ありませんか?
 
向こうがどう思っているのかは本人に聞かないと、分かりません。
それを聞かないで、勝手に判断して自己完結している方って意外と多いんですね~。
 
大事なのは
なぜ相手の事を気にかけてばかりいるのか!?
ということ。
 
パートナーのことを気にかけるのは当然!
と思っている人は
パートナーから自分は気にかけてもらって当然!
と思ってしまうんですよね。
 

伝えないとわからない

でもそれって、ちょっと勝手な期待を押し付けていると思いませんか?
 
例えば、、、
せっかくのデートなのに食事は居酒屋。
もっと雰囲気のいい所に連れて行って欲しいのに、、、、。
 
そう悶々と思いながら、不満をためてしまっているならば、それは相手に勝手な期待を押し付けている、ということ。
 
じゃあ、そんな風に思うな!ってことですか?という声が聞こえてきそうですが、
そういうことではありませんよ。(笑)
 
思うものは思っちゃうので、
そんなときは、それを素直に言えばいいだけですね。
 
「せっかくのデートだから雰囲気のいい所で食事がしたいの」
それを相手が受けて、どう反応するのかは、相手の自由意志
「ノー」と言われるかもしれませんし
「イエス」と言ってくれるかもしれません。
 
そこで
「せっかく勇気を出して言ったんだからイエスと言うべき」
というのは、相手の自由意志を認めず、境界線を侵していることになりますね。
 
自分が感じることを相手も同じように感じて当然だ、と思い
相手の感情の自由を認めない
という態度になってしまう訳です。
 
そーゆー私自身がコレ
ずいぶんやってきたので分かるんですよ~(苦笑)
============
親しくはあるけど
一体ではない
============
ということ。
 
そして
==========
伝えない限りは
伝わらない
==========
ということ。
 
期待を手放して、相手に思いを伝えてみませんか?
 
明らかに不機嫌なオーラを出して、相手に察しさせるという、
ややこしい表現方法は、もうやめましょう。
お互いエネルギーの無駄遣いですし、罪悪感を相手に植え付けてしまうなど
生産的なことは何一つありません。
 
自分の欲求は相手に伝えていいのです。
そのかわり、その結果まで
コントロールしようとしないことです。
 

本当のきもち

そして、
===============
パートナーのことを
気にかけないとどうなりますか?
===============
と自分に質問してみるんです。
 
浮気されるかも?
捨てられるかも?
愛されないかも?
気にかけないのは冷たいと思われる?
 
相手が、自分を気にかけないことにイライラしてしまう前に
なぜ自分は、パートナーを気にかけてばかりいるのか?
それをしっかり見つめてください。
 
そこに上記のような恐れがあるなら
自分がまずその気持ちを受け止めることなんです。
 
自分が自分の本当の気持ちを受け止めないで
誰が受け止めてくれるというのでしょう・・・。
自分自身がしっかり受け止め
認めることから、なんですね。
 
「ノー」と言われることを怖がっている限り、
いつまで経ってもあなたの思いは伝わりません。
 
大事なことなのでもう一度言います。
期待を手放して、相手に思いを伝える
 
これがストレスをためず
自分の思いを伝える方法です。
 

それでも期待を手放せない…

それでも尚、相手に対する過剰な期待を手放せない、という場合は
あなた自身が、これまで他人の期待に応え続け
自分自身をなおざりにしてきた事実があるはずです。
 
そこに向き合う必要がある、ということですね。
 
 


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!