ダメンズ不倫をやダメンズ恋愛をなぜ何度も繰り返してしまうのでしょう?たまたま相手が悪かったのか?男運が悪い?そういうことではありません。
今日はRさんの相談に答える形で、ダメンズメーカーになってしまう方の心理と対処法についてお伝えしていきます。

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー代表 湯川央恵です。

ダメンズ不倫していたダメンズメーカーRさんのお悩み

Rさんという方から相談メールが届きました。
結構同じ悩みの方がいらっしゃるのではないかと思います。

Rさんの了承を得て、掲載させていただきます。

ブログ読みました。
もしかして私もダメンズに惹かれているのかも。

結婚して優しい夫と可愛い息子が2人います。
ところが結婚前に付き合っていた彼と、思わぬところで再会し何となく会う様になって
ズルズル3年も付き合っています。

夫は申し分の無い人。
反対に彼はわがままだし私以外にも女性がいるみたい。
お金を貸したことも何度もあります。
半分はちゃんと返してくれています。

友達に相談しても、皆彼のことは大反対。
どう考えても夫にちゃんと戻るべきなのに彼とは別れられないんです。

ずっと私が傍にいて
彼のことをいろいろ世話を焼きたいんです。

おー、濃いご相談がやってきましたね~。
Rさん、ありがとうございます。

友達に相談されたとのことですが、
彼のことを
「あんな彼だめだよ」
「さっさと別れた方がいいよ」等々言われたんですね。

きっとそうやって友達に言われれば言われるほど、反論したくなってくるのでしょうね。

「彼にもいいところがある」
「そこまで悪い人じゃない!」
ってね…。

でもね、実はこの言葉こそが
ダメンズ引寄せ症候群に陥っている人の、典型的な言葉なんです。

ダメンズメーカー必要とされることで自己肯定感や自己価値をみたしていないか?

客観的に観た場合、
Rさんも分かっているように、ご主人の元に戻った方がいいのは明らかですね。

しかし心がそれを許していません。
彼とのお付き合いの中で、Rさんが得ているものって何でしょう。

まずそれをゆっくり考えてみてくださいね。

彼が自分を必要としてくれていることで、自分の存在価値が高められるような気がするのかもしれません。
「オレのことを分かってくれているのはお前だけだ」
その言葉に繋がりや愛を感じるのでしょうか。

もしくはその言葉で
「彼を救えるのは私しかいない」
「彼には私が必要なんだ」
と感じているのかもしれません。

ダメンズ不倫を繰り返す人の自己肯定感・自己価値や自尊心の満足と罪悪感

他人から必要とされることを必要としている

これは彼も、そしてRさんもお互いが依存し合っている状態です。

彼が自立しはじめて、あなたを必要としなくなったら
あなたは彼に魅力を感じなくなる可能性があります。

もしかしてあなたは、無意識に彼の自立を妨げているのかもしれません。

つまりあなたは彼が依存(必要と)してくれればくれるほど
自分の価値や自尊心が満足するわけです。

だから、だらしない彼であるほどいいんですね。

彼が自立しそうになると無意識で妨害したり、病気になってみたりする可能性があります。

あ、これは潜在意識がそれを望んでいる、ということですよ。
顕在意識ではそんなこと、全然思っておられないと思います。

どんな思い込みを潜在意識に持っているか、一度ちゃんと調べた方がいいかもしれません。

パートナーシップで何か問題が起きるのは、目の前の人が原因で起こるというよりも
自分の今までの過去、つまり自分と両親との関係性にルーツがあります。

そのことはこのブログでも、何度も伝えさせてもらっている通りです。

で、Rさんに聞きました。
「本当に別れたいの?」と。

すると別れることに罪悪感がある、とのことだったのです。

ダメンズメーカー必見!ご両親との関係を紐解く

ご両親のことを伺うと、Rさんが幼いころ父母は離婚。
お姉さんと二人、お父さんに引き取られそうです。
お父さんは板金工場をされており、いつも遅くまで働いていらしたとのこと。

お父さんがRさんに見せる顔は、いつも疲れきっていました。
そんなお父さんを何とか助けたい。
そう思って子どもなりに、いろんなお手伝いをしたそうです。

ところがRさんが高校3年の春
経営不振のため、工場閉鎖。
その後お父さんはビルメンテの会社で、パート社員として働いていたそうです。

そんな背景がRさんにはありました。
何とかして父を助けたいと思っていたRさんでしたが、助けることは出来ず、工場が閉鎖に追い込まれたんですね。

それはRさんの責任ではないのです。

でも、お父さんを助けることが出来なかった罪悪感が、ずっとRさんの心の中にくすぶっていたのですね。

なので、
助ける必要のない完璧なご主人ではなく、ちょっと助けてあげなければならないような彼に、無性に惹かれたのかも知れませんね。

ということは、Rさんが本当に救いたかったのは、彼ではなく、お父さんだったのです。

さらに言えば
両親が不仲な子供の頃の自分を助けたかったのです。

結局、あの頃の自分がかわいそう!誰にも助けてもらえなかった!そんな思いが原動力になっていたのです。

なので
Rさんが自分を助けない限り、いつも誰かを助けようとする「救済者」になってしまうってわけ。
ということは、このままだと彼とは別れられないでしょう。
(仮に別れたとしても、今度はご主人を助けないといけないような状況になってしまうかもしれません。)

ダメンズ恋愛を繰り返す人がやるべき対処法

なので大事なことは
自分や誰かを、かわいそうな人にするのはヤメです。

自分が自分を助けるべきなんですね。
誰かに助けて欲しい!この依存的な思いがあるからこそ、誰かを助けずにいられないの。
そして共依存的な関係性から抜けられないんですね。

それをまず理解することからスタートです。

そもそも「自分は本当に可哀想な子だったのか?」それを問うてくださいね。
確かに両親の離婚は辛かったかもしれない。
お父さんの仕事がうまくいかなくなったことも辛かったかもしれない。

だからと言って本当に「可哀想な私」だったんでしょうか?

悲劇のヒロインになることで、人から関心を持ってもらえたかもしれないし、ちょっと頑張っただけで「そんな状況なのに凄いね」と普通に頑張っている人よりも評価してもらえたかもしれない。

可哀想な自分に酔うのではなく、実はそういうメリットも享受していたことも、キチンと見ることなのですよ。

厳しい言葉に聞こえたなら、ごめんなさいね。
ただRさんが本当に幸せになりたいのであれば、ここは理解しないといけないところなのです。

もう救済者にならなくていいんですから。
目の前の幸せを、しっかり掴んでくださいね。

 

湯川央恵

この記事も参考になりますよ!


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!