ビシッと言うべき時に言えてますか?

ビシッと言うべき時に言えない

さて、セラピスト&カウンセラーの向けのアンケートを先日来よりお願いしております。

その中でこんなご意見がありました。

要約してお伝えするとこう。

「厳しい言葉であっても、クライアントさんの為になると思えば言えば良いのでしょうけど

どこまで言えば良いのかわからない」

 

「どこまで」という言葉の意味によって変わってきますが、

つまりは「言いすぎるとマズイ?」と心配しているのかなと。

 

なので今回は、それについてお伝えしていこうと思います。

セラピスト・カウンセラーに関わらず、

人に言うべき時に、言えない方も、しっかり読んでおいてくださいね。

 

「厳しさ」にどんなイメージを持っていますか?

まず、セラピスト・カウンセラー側が

「厳しさ=悪」と思っていると、言わないといけない場面で

間違いなく、ビシッと言えなくなります。

 

頭では「厳しさも必要だ」と理解していても

実際、言うべき時に言えていないのならば「厳しさ=悪」と思っている可能性は大です。

 

ってことは、クライアントに対し、本来向き合うべき点に、向き合わせることが出来ていない、

可能性がある、ということなのですね。

 

 

まさにセラピストやカウンセラーがクライアントに迎合している、

依存している状態だということなのです。

 

 

これでは何のためのセッションか、分からなくなりますね…。

 

もちろん厳しく言うことだけが良いわけではなく

クライアントの状況によって変わってくることは前提ではあります。

 

でも、どうしてビシッと言えない状況に陥ってしまうのか?

 

言い方が分からない?

加減が分からない?

 

問題はそこではありません!

 

チャイルドが怒っている!?

これは子供の頃、親や先生に怒られたことを、いまだに心の中で怒っているんですね。

 

「なんでアタシを怒るのよ!」

「もっと子供の気持ちを受け止めてよ!」

「怒らずに諭すように言ってよ!」

 

そうやって「文句」や「不満」の気持ちを今もなお持ち、

相手を心の中で密かに非難していると思いますよ~(笑)

 

 

だから自分がセラピストやカウンセラーという、

クライアントにとっての精神的「親」の立場に立った時、

ビシッと言うべき時に言えなくなってしまうのです。

 

 

すると甘々なセッションになってしまうわけですね。

それどころか、いつまでたっても問題解決が出来ない、ただ癒すだけのセッションになってしまいます。

それはお互いにとって勿体ないことです。

 

職場関係でも、親子関係でも・・・

ちなみにこれは、

セラピストやカウンセラーに限ったことではありませんね。

会社にお勤めの方で、部下や後輩にビシッと言わなければならない時に言えず、

あいまいにしてモヤモヤしている方は、もれなく「厳しさ=悪」とどこかで思っているはずです。

 

そして厳しい上司や親のことを、未だに心の中で非難していると思います。

 

子供を持つ親も同じですね。

 

子供にビシッと言えない時や、

言った後、いつまででも罪悪感にさいなまされている方は、同じような部分があるはず。

 

ですので、その部分をクリアしていくことが、

リーダーとしても、親としても、自立的な人を育成していく「大事な鍵」になるわけです。

 

特にセラピスト・カウンセラーはこの部分をクリアにしていかないと、

成果の出せないセッションをやり続けてしまうことになります。

 

 

また、クライアントに介入しすぎて、燃え尽き疲れ切ってしまうことになってします。

そのあたりのからくりは次回お伝えしますね。

 

湯川 央恵

 

「期間限定小冊子プレゼント」

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく 幸せなパートナーシップを 築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を 傷つけあうのではなく お互いを高め合える 関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、 再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた "たった一つの方法"とは? で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと 豊かさを手に入れる方法を 湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが 「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される 浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。 でも気づけばまた同じことを繰返している。 これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、 同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず 誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。 それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら 「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・チャイルドセラピー修了
・原田隆史リーチング講師